集中力を高めるためにやってるいくつか。 -2012/6/20

最近集中力を意図的に操作するのが昔よりできるようになってきたかなーと思われるので、試していることをいくつかご紹介します。集中の段階を 始める期→継続期→終了期 に分けて説明します!

気合と根性と全エネルギーをもって”はじめる”。

これは実感がある人も多いかもしれません。とにかくはじめるのがすごく重要だし、少なくとも僕のムダな時間の大半ははじめにだらだらして遅くなってしまうことに起因します。他では根性はいりません。とにかく最初に自分の全エネルギーを傾けましょう。

具体的なゴール設定

とにかく今何を達成したら終わりなのかを口に出して言えるレベルで具体的にします。これはよく言われてるかもしれないですが、これができていないとそもそもなんかうまく始められません。

ゴールに関係ない動作をしなくていい環境づくり

これもすごく大事です。参考書はあらかじめ周りにおいとく、携帯は隠す、時計を見える場所においておく等々、例えば問題集を解く とかだったらそれ以外はできる限り低コストでできるようにしておきます。調べ物とかも勉強中だったら絶対あるので、PCは常備しておくことをおすすめします。図書館で探すとか非効率でしかたありません。ググるor友達に聞く がベストかと。

SNSは捨てろ!!

ただ、PCは便利ですが、SNSは絶対に見ないようにしたほうがいいです。見ると一気に集中力が切れます。 最近の僕の仮説なのですが、見た目が派手な人(外見を気にする人)と成績の悪さにごくわずかですが相関性があるような気がするのは、多分他人のことを考えるときの脳の容量の消費は結構大きいということだと思います。だからSNSもかなり脳の集中をそっちに向かわせてしまうのでよくありません。僕は勉強するときはかならずブラウザでfacebook等にアクセスできないように設定しています。

後でやること リストを作成する

あと、作業中に、別のやることをふと思い出してそっちをやりたくなる。なんてこともよくあると思います。これが今回一番おすすめしたいことなのですが、ポストイットやPCのto doリストにあとでやることリストを作ってそこに書き込みます。 それだけでなんかやった気になれるので、とりあえず集中が切れるのを防げます。

集中が切れた のを自覚する

これも大事で、集中が切れた!!!! ってのをしっかり把握しましょう。そうでないとだらだら気づいたら漫画読んでるとか、よくない展開に陥ります。 素直に集中が途切れたのを自覚します。

音楽で気分転換

で、例えば音楽を聞きながら勉強していた場合は、集中が切れたのを自覚した瞬間に音楽を切ります。逆の場合は音楽をつけます。なんかよくわかんないけどそうすると再会がスムーズな気がしています。

終了時間を決めるかやることが終わったらやめるか

あと夜とか特に悩むのですが、これは次の日の予定とかで決めるのが基本かと思います。が、もしそれが自由な場合には、時間で区切らずやることが終わるまでねばりましょう。 もしだらだらしてしまって時間までに終わらず、時間だからとその次の何かに移ったところで次のやつでもだらだらしてしまいます。

人と勉強 も意外といいことある

あと、これは組み合わせにもよるのですが、お互いに見張り合う という意味では勉強会も効果的に作用することがあります。おしゃべりしちゃいそうなメンバーとか切迫感がない人とは一緒にできないとおもいますが、ほんとに留年しそうな人同士が集まるのはいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です