極論は思考停止のサイン

IT界隈の人はかなり読んでいるかと思われるけんすうさんのmediumですが、この記事を読んで、本旨とは外れますが思ったことがありました。

何かをするには、何かを捨てないといけない。しかし何かを捨てると判断したときに、0か100かの極論になってしまう…そういうことがよく起こったりします。

僕は”何かを捨てる”ことは躊躇なくできるのですが、よく極論に走って”確かにそうだけどなんか違うな・・・”なんて違和感を持ちながら何かをすることがよくありました。

この記事を読んでハットしましたが、極論を出すのって結構簡単なんですよね。しかもなんか一瞬ワクワクしてしまう。
でも、実際の正解って基本的に右でも左でもなくよくわからない微妙なラインにあって、結局そこに辿り着くまで延々と考え続けないといけないんだと思います。

極論に走り始めたら思考停止。頭の片隅においておこう。