とにかく全力、かつ最速でやる

最近成長したと感じることがある

最近、昔に比べ”成長した”と感じることがよくあります。この感触が本当に”成長”なのかが定かではないし間違っていたらいろいろまずいのですが、とりあえず成長したことにさせてください。違ったら割といろいろ崩壊するし結構またいろいろやり直す事になりそうです。”いろいろ”を使いすぎました。

具体的には、例えば多分以前より人のアドバイスを受け入れる能力は高まったし、海外サービスや先行事例等の”先人”から学ぶ姿勢も随分身についたような気がします。思い通りにいかないことがあると、昔はかなりふてくされていましたが、最近は平静を装えるようにもなってきました(影で誰かに泣きつくことはまだありますが)。また、変に悶々と考えこむのではなく、最低限をざっくり考えてとりあえず実行、みたいなのも以前よりはできるようになってきたし、プレゼンとかも前よりまともになってきた気もします。

勿論今までが駄目すぎて、多少成長したところでまだまだ何も調子に乗るポイントはないのは重々承知なのですが、この変化に理由があるとしたらなんだろうなと考えました。

自覚している変化のポイント

より具体的に変化のきっかけを思い出すと、例えば「考えるより行動できるようになった!」のはそれ以前に一度「1回自分の全エネルギーを掛けて企画書を作ろう!!!!」みたいなことをやったことがあって、1ヶ月に近い期間を掛けて全力で企画書を作ってみたことがありました。その時点の自分の中での「スタートアップの企画はかくあるべき」みたいなのを全て盛り込み、丹念にしあげました。そしてそのティザーサイトを公開した所、反応は最悪でした。今でも思い出すだけで情けなくなる経験のうちの1つです。

それをきっかけに行動するようになった僕は、自分を信じて行動しまくりました。ありとあらゆる失敗をごく短期間でかなりの数経験しました。とても早いスピードで毎日のように新たな壁にぶつかり、めちゃくちゃ頑張りました。にも関わらず、キャッシュだけが減るなかで事業が全く前に進みませんでした。これは思い出すだけで疲れてしまう想い出のうちの1つです。ココで初めて”先人の失敗や課題を乗り越えた経験を学ぶ”ことがとてつもなく僕達の仕事を効率化することを知りました。

人からネガティブなアドバイスをされたときに、ふてくされて反抗して、「ぜってーこれと違うやり方で成功してやるぜこんちくしょう!!!」と意地を張ってありとあらゆる「別の方向」を模索しまくりました。そして多くの時間をかけて、様々なことを学びました。学んだ結果、以前もらったアドバイスと同じことを自分で言い始めました。だったら最初からしっかり人の話を聞いて理解する努力をすれば早かったろうに・・・。これも思い出すだけで呆れてしまう想い出のうちの1つです。

もうお気づきかと思いますが、どれにも共通するのは、「まず自分を信じて”全力で”やって間違えた結果、そうでないと学んだ」ということです。逆に言えば、少なくとも自分の中での全力を出し切っていなかったらきっと僕はまだ「いや自分の考えだけでいけるはず」とか言っていたことでしょう。

本気で出しきって、でも全然ダメで、その時初めて自分の間違いに確信が持てるし、自信をもって自分を否定できるから、変化することもできるのだと思います。

「まだあの手がある」がまずい

逆に、全然変化がなかった時期の僕は、いつも「まだあの手があるからいいや」「これだめだったらあれやれば多分なんとかなるだろう」みたいな意味不明で根拠の無い”次の手”を用意してました。これは、次の手を考えているかどうかの問題ではありません。本当に正しいかわからない施策を”次の手”であると勘違いして悪い意味で楽観的に捉えてしまう、「マインドの問題」です。

これがあるかぎり、質のいい学びは得られません。もし今やっていることが間違っていても、まだ次があるから自分が完全に間違っていたことにはならないからです。

もっとヤバイのは、自分が否定されるのが怖くて、まるで最終兵器を持っているかのようにそれを”奥の手”としてしまいこんでしまうことです。それを実行して失敗すると本当に自分が否定されてしまうのがわかっているから、怖くてその手をだすことができなくなってしまう、みたいな状況になってしまうと、本当の意味で何も前に進みません。失敗が奨励されるべきなのは、こういった奥の手を出すことへの恐怖感を和らげる効果がある、というのも1つだと思います。

早く出しきらないと前に進まない

大事なのは、とにかく今思いつく限りの最高のベストを常に実行し続けることです。つい奥の手を用意したくなってしまいますが、「まだあれがあるから大丈夫」と思っているうちは全然ダメです。とにかく早く、全ての手を出し尽くすことです。今の時点でその次は全く見えません。それは出し尽くしてしまうからです。でも、出し尽くせば必ず今度は次の視野が開けてくるのではないかと思います。それこそが”前に進む”ということかと思います。

とにかく最速で、今思いつく限りの最高の打ち手を実行していく。これからも超大事にしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です