どんなに否定されてもブレない1つの芯をまず作りたい

 大変嬉しいことに様々な経験者からのメンタリングや、周囲の起業家からのアドバイス等、自分のアイディアに対して良質なフィードバックを得る機会がとても恵まれているなーと最近思います。ですが、その一方で、否定的な意見を頂いた時に、その後の対処方法や自分のメンタルを保つためのなにかの必要性を強く感じています。また、アドバイス以外にも、テストでサービスをリリースした時に全然良い結果が出ないことが殆どで、その度にプランを全部変えていたらキリがありません。
 よくよく考えてみると当たり前なのですが、起業家として、ふんどしをシメて新しい1つのサービスに突っ込んでいくにはありとあらゆる否定に耐えうる強い軸のような”何か”がないと難しいようです。

今自分はぶれまくって動けない

最近、何かサービスを考える度に、「テストユーザーが使ってくれない」「コンセプトの時点で拒否される」「いいアイディアが出てきたと思ったら法律による規制に引っかかる」そんな事が続いてなかなか前に動くことができなくなってしまいました。そんな事ばかりが続いていると、新しいアイディアが思い浮かんでも「〜〜だからダメんじゃないか」「これが今までなかった理由がわからないからダメだ」そんなことを自分の頭の中だけで繰り返して全然まえに動くことができません。

ブレずに動ける人はそれが”イケる理由”を主に考える

先日株主であり先輩起業家でもある方にいろいろぐだぐだ相談させてもらったのですが、その方はとにかく何を話しても「〜〜だからいけるんじゃない?」みたいな、とにかく前向きで、そのアイディアが”イケる理由”を徹底して探します。それは多分、僕を励まそうとしていた、とかではなくて本人の思考の性質というか、その方もとにかくいろいろ試して来て、「ベンチャーは人と違うことをやるのが鉄則(イケる)」みたいな考えのもと、本当に兎に角それがたとえ極端なアイディアでも”イケる理由”をまず探す人なんだと思います。実際にそれを探して、それを信じて、動いた結果他とは一線を画す教育サービスを生み出したり、株で儲けたりしてるわけです。

よく考えれば、自分が唯一自信を持って”行動した”と言える「起業した事実」に関しても、”自分が失敗する理由”なんていくらでもあげられる中で、ごくわずかな「自分が成功する理由」に確信があったから、会社を作ったし、何度も諦められるタイミングなんてあったけどそれでも諦めず1年間続けられたんだと思います。
ざっくり言ってしまうと、自分は今までかなり真剣に取り組んだ「テニス」「大学受験」「アイセック」に関して全てスタート地点はかなり下からスタートして、全部逆転して何かしらの人に自慢できる結果を残しています。そういった「逆転してきた経験」が”次もまた逆転できる”と本気で確信できるくらい自信があるから、会社に関しては”なんとかなる”と考えて前に進み続けられる(増資等)ができるんだと思います。

ぶれまくりで動かない人は”だめな理由”を主に考える

その一方で、起業に興味あるオーラを出しながらベンチャーに就職する人とか、あとNO2に甘んじる人(別に悪いとは全く思わない)等は、アイディアを話すと否定的な意見が多いように感じます。まぁ自分の周りだけかもですが・・・。すぐに出来ない理由をならべて、あたかも合理的に自分が正しいことをしているかのように(というか正しいのかもしれませんが)、「まだ出来ないから、就職した」と言います。

そして、当の自分も、確かに会社は継続しているものの、何故か”1つのサービスに覚悟を決めて突っ込む”ことができていません。というか前回崩壊した写真サービスは途中までイケるつもりだったのですが、マーケットの洗礼を受けガラっと自分の考えが変わってしまい、他に否定的に言われてもブレない”イケる理由”がなくなってしまいました。その後にそんな気持ちで始めたサービスも、何かネガティブなフィードバックがある度に折れて新しいことを始める、ということを繰り返しています。

そもそも”ダメな理由”を考えるメリットはあまりない

もちろんリスクとか失敗可能性を頭に入れておくことは大事だと思います。ただ、その一方で”よくわからない”まま「ダメな理由」を考える意味は殆どないな、って思いました。まず単純に”それがダメであるかどうか”は最終的にマーケットが決める話で、作り手がやることはあくまで予想でしかありません。つまりマーケットに関してはそもそも”考える”ものではなく”検証する”べきなはずです。

出資集めや仲間集めに関しても、「最初からネガティブなフィードバックばかりをしてくる人」って多分どっちかというと僕自身に興味がないというか、初対面の段階でもう”こいつは無い”って決めてるような気がします。そういった人をひっくり返すコストってめちゃくちゃ高そうだし、そうじゃなくてもし1割しかいなくても、自分が確信している”イケる理由”に共感してくれる人を見つけるべきだと思います。

これからは”イケる理由”に集中しようと思う

もちろん、簡単に「誰からなんと言われようと折れない”イケる理由”」が見つかるとは思っていません。これは考え続けることだと思います。ただ、アイディアを考える時に、時間の使い方としては”それがイケる理由”を考えることにとにかく時間を使おうと思います。否定的なものは、決定的で無い限りは無視してもいいのかも。

あと、最近すごく反省しているのが、自分のサービスアイディアに関して否定的になりすぎるあまり、人のアイディアを聞いた時も否定的になっていました。これはコミュニティのレベルを下げる行為で、変な傷の舐め合いにはしたくないですが、人のアイディアにも同様に”イケる理由”に着目した会話を絶対するようにしたいと思います。

この「誰からなんと言われようと折れない”イケる理由”=軸」を作ることが初期の仮説検証ですべきことだし、とにかくそこに着目しながら動き続けることで、変に迷ってしり込みするようなことを無くします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です