インターネットサービスを分類する3つの領域

こんな本を読みました。(読んだと言ってもかなり速読?ぱらぱ見た程度ですが、)インターネットサービスに関して
・「インターネットサービスは絶対この3つの領域に分類され得て、2つ以上の領域を横断するものはなくなる」
・「どこかの一つに特化したものが勝ち残る」
と思ったのでご紹介します。

その3つの領域は、
1.情報の発信元になる領域
2.情報をつなぐ領域
3.情報を受け取る領域
です。なぜこれらがかぶり得ないかというと、簡単な話
・一番良い情報の受け取り領域を実現するためには、複数の情報の発信元が必要である。
・情報をつなぐためには、発信サイド/受信サイド どちらの領域にあるものもすべて平等に扱う必要がある
・ある特定の情報の発信をしやすくするためには、他の情報の発信をしにくく必要がある
からです。google検索がgoogleの独自メディアみたいなのを優先的に表示したら意味ないですよね。そういうことです。

具体的な例としては以下の表のような感じになります。最近ニュースメディアが覇権を争っているように見えますが、こうして見ると、gunosyとsmart newsはかなり良いパートナーになれるような気がします。

発信領域のサービス 接続領域のサービス 受信領域のサービス
・ブログ
・naverまとめ
・各社のメディア(ライフハッカー)
・google
・facebook,twitter
・gunosy
・人力キュレーション
・yahoo
・flipboard
・smart news
・yahooニュース

yahooがgoogleの検索システムを使うのも、こうやって考えるとすごくわかりやすいです。あと多分facebookとかtwitterとかがまだ現在は全領域で強すぎるけど、これから多分発信と受信により特化されて、しかもみんなが使うようなもの(今もなくはないけど一部のマニアしか使わない)が出てくると思われます。
他にも決済とかアドテク、ECにも同じようなことがいえます。今CtoCとか流行ってますが、もう一度この分類にわけてみて、どこなら勝てそうか、どの接続方法を選べば勝てるか、ぜひぜひ考えてみてください。(僕も現在進行形で考えています!)

あと蛇足ですが、この本(2008年に書かれました)の途中に「日本では99%facebookは流行らずmixiが勝ち続ける」とありました。もちろん本に関して大事なのは結論よりそれが導出されるまでの過程なのでここ自体は気にしていませんが、昔の「未来予測」みたいな記事を見てみるのはおもしろいかもしれないですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です