自分の頭で考えてはいけない

最近、「自分の頭で考えてはいけない」と何度も自分に言い聞かせるようにしています。

今更になって以下の2つのことを強く感じるようになりました。

1つは、ビジネスはどうあがいても”競争”であるということです。(ゼロトゥワンで語られる”独占”は、競争で圧勝した結果の”独占”しろという意味かと思います。)
人の欲求は大枠で見ればだいたい決まっている以上、人の欲求に対して提供されるべきサービスには「正解」のようなものがあり、正解があるということは皆それに向かって競争せざるを得ないのかもしれません。

そしてもう一つは、「スタート地点は皆同じではない」ということです。事業を考える際は、まず手に入る情報のなかから仮説を組み立ててだいたいのアタリを付けて動くのが普通かと思いますが、特に以前から存在していたような業界では、ほとんど同じような仮説をどこかの誰かが試して成功なり失敗していることが圧倒的に多いです。ゼロから組み立てた仮説で、「既に知っている」人たちに挑むのがどんなに絶望的な状況か、冷静になって考えると恐ろしい物があります。

勿論、新しいことをやるならすべて最初は誰でも”仮説”から始まりますが、それにしても正解に近い事実を知っている人の考える”仮説”の精度のレベルまで行くのはかなり難しいでしょう。もし学生起業とかで「ほぼゼロ」みたいな状況からスタートするのであれば、その状況でどんなに考えたところで、そこから導き出される仮説のレベルはたかが知れています。

ただし、ここで言いたいのは、”完全に考えるな”ということではありません。なにより、僕自身考えに考えた上でこの結論に至っているので「完全に考えるな」というのは矛盾しています。というか考えないとかそれはそれで無理です。

逆にどんなに情報や経験が多くても、自分で考える能力のない人にはそれを咀嚼して現実を理解することは永遠にできないでしょう。「考えるための材料」が十分にある状態であれば、大事なのは「しっかり考えること」だと思うし、そういった状況で考える能力は学校や就活でも十分に訓練されているように思います。

問題は、なにもしないで「考えるための材料が十分に揃う」状況になることなんて殆どない、ということです。
困ったときについつい頭を使って問題を解決してしまおうとしてしまいますが、同時に考えるための材料集めも積極的に行わなければいけません。しかも、どこまで集めれば十分なのかも自分で判断しながら、実際は”7割集まれば良い方”みたいな中で判断せざるを得なくなることが大半なように思います。

「考える」ことはとても重要だと思いますが、同時にその思考の檻に閉じこもらずに、実際に何かを試したり、詳しい人に話を聞くことをしなければ、いくら考えてもその力が発揮されることはないでしょう。そんな何もないほぼゼロの状態でできることは、”出来る限り新しい産業で試行錯誤を進める”とか、”一旦その業界に身を置く”とかそんな感じでしょうか。

いずれにせよ、「知る」「経験する」ということをもっと大事にしていきたいです。

よく考えろ、よく調べろ

「よく考えろ!」「よく調べろ!」とアドバイスされることが多いし、自分でもそうしないとまずいなと思っていたものの、考えるって何よ?調べるって何よ?状態だったので、時間をとって下の3冊まとめて読みました。その感想です。




・調べることを目的にしないようにしよう
・如何に調べないか、考えないかが大事
・一番重要な問題に対して、効率よくアプローチしよう
・一番重要な問題は何?解くべき問題の検討をしっかりしよう
・その問題の答えを最初に予想で作ろう。それが仮説だ
・仮説をまずはすぐに手に入る情報を分析して検証しよう
・分析とは情報を比較することだ。比較しよう!
・比較で大事なのは、軸の設定。基本的にその軸は原因と結果になる

疲れてしまったのですごくざっくり。後はとにかく実践。
「外資系コンサルの企画力」は、組織内コミュニケーションの話が中心で、意図していたものとは違いました。
後の2つはとても勉強になりました。

mroonga の速度計測

mroongaの速度計測実験したのでメモ

1.環境
・Amazon Linux AMI( t2.micro )
・Mysql5.5
・mroonga5? (2015年5月時点で最新のやつ)

2.データベース
・以下のようなテーブルを作成
CREATE TABLE test (
id INT NOT NULL PRIMARY KEY,
content varchar(255) NOT NULL,
FULLTEXT INDEX (content)
) Engine=Mroonga DEFAULT CHARSET=utf8;

・contentに20文字のランダムな英数字テキスト1000万データを挿入

3.実験
・以下の2つのコマンドを実行
-select * from test where content like “%adr%”;
-select * from test where match(content) against(“adr” in boolean mode);

4.結果
・以下の2つのコマンドを実行速度
-select * from test where content like “%adr%”;
→0.74秒

-select * from test where match(content) against(“adr” in boolean mode);
→0.0154秒

5.結論
・mroongaすげぇ(今回は日本語使ってないからgroongaを使ったと思って差し支えないのかな?

「社会の不確かさが増した」に関する妄想

1.インターネット等により情報取得が楽になり、世の中の不確かさは減った。

2.その情報を元に、楽に安定が得られる職業とか、楽に儲かる事業に人や企業が殺到するようになった。

3.供給の増えたそれらの職や事業が儲からなくなり、より不確かでなければ儲からなくなった。

4.より不確かな状況で戦える人が求められるようになり、若者が「不確かさが増した」と感じるようになった。

・別に不確かさは実は増してない
・ただ、そこ以外で差がつきにくくなっている

d3.jsのd3.maxがなんかおかしい

殆ど愚痴。これのせいで今日半分くらい無駄にした・・・。
とりあえず似たような悩みを持つ人に「君は悪くない」と伝えたいがための記事。検索に引っかかると良いな。

▼直面した問題
・d3.max(array)でarray内の最大値が何故か求まらず、下から5番目くらいの数値を返された。

原因は不明。10桁くらいの数値を30個くらい詰め込んだ配列だったけど、なんか大きすぎたとか?まったくわからない。
(分かる人がおりましたら連絡いただけるとすごく嬉しいです。ついでにランチご馳走させてください。。。orz)

▼解決方法
・普通にjavascriptのMathオブジェクトを使う
例:var max = Math.max.apply(null,datasets);

d3.js、もっとちゃんと勉強しないトナー

成功要因は細かいよくわからにところにある気がする

外から成功者を眺めていると、
・成功者の〜〜のパーソナリティが良かった
・〜〜の分野を選んだからよかった
等、成功要因を分析した結果、基本的により一般化、抽象化された部分が結論として出てきます。

それ自体は何も間違っていないのですが、自分も実行者として同様な成功を目指す場合、そういった一般的な事項に加え、もっと全然違う細かい部分を見る必要性を最近感じます。

例えば、バイラルメディアのビジネスモデルを検証するとわかるのですが、一人あたりの平均友達数や、一人あたりの記事のシェア率は、0.1変わっただけでもかなり結果が違ったりするように、他にもUIの細かい部分の調整によって勝敗が決したり、オペレーションをしっかり整えられたか、とか、しっかり節約したか、とか、そういった伝記ではあまり触れられないような細かい部分こそ、もっと研究するべきなように思います。

”熱意”が成功要因として語られることもよくありますが、何故そうなのかというと、熱意がなければそこまで細かいことに気が回りにくいからなのかもしれません。
あと、大組織で議論すると、どうしてもそういった細かいことは後回しにされてしまいます。細かい部分の調整は、見た目の費用対効果が随分悪く見えるからです。

僕もかなり大雑把な性格なので、そういった細部までこだわることは必要以上に気をつかなわないとなーー

google検索衰退の始まり

”モバイルだとgoogle検索よりfbからのトラフィックの方が大きい”なんて記事も最近どこかで見ましたが、google検索の衰退は間違いなく今進んでいると思います。(google自体はもういろんな先行投資しまくってるしスマホOSも握ってるしまだまだこれからもっとすごくなりそうですが・・・)

そう感じる理由の一つに、”キュレーションメディアの盛り上がり”があります。

キュレーションメディアの登場によって僕達の情報収集経路には大きな変化が起きました。

例えば今度のデートで行く店を探すときであれば、
キュレーションメディア以前:ぐぐりまくる→まとめる,考える→結論を出す(行き先を決める)
キュレーションメディア以降:一回検索する→まとまっててわかりやすい結論が見つかる(行き先が提示される)
という感じで、「ぐぐりまくる」「まとめる」のプロセスがなくなっています。

これは検索行動における様々な分野で成り立っていて、各種ニュースアプリやDeNAのプラットフォームが出来上がれば検索の必要性そのものがなくなりそうなくらいです。

そもそもなぜいままでキュレーションメディアがなかったか(なぜ今なのか)。理由はざっくり以下の3つかと思います。
・Webの情報爆発により、キュレーションするだけで良質な記事が作れるようになり、記事作成単価が落ちた。
・スマホの浸透で、Web全体のトラフィックが激増したことで、Webの市場自体が急拡大した。
・ネット上での単価の高い広告がどの会社でも得られるようになってきた(ネイティブ広告とか)。

あと、最近の”キュレーションメディア”と言われるメディアはあまりキュレーションしてないことも多く、単純に質の高いメディア、ッて感じにもなってきています。

google検索は、webサイトが儲からず、個人の趣味やPR的な使われ方しかしなかった時代に、そのなかからより良い情報を導き出すような手段として発達したように思います。
webサイトが儲かるようになった今、そもそも我々が最初から”どこに行けば良い情報があるか”が見つけられるのであれば検索する必要はありません。

今キュレーションメディア各社はSEO対策に奔走しているようにも見えますが、それよりそもそも検索をすっ飛ばして流入をとりにいくところが勝つんだろうなー