今あったらいいと思う就活系サービス

就活生の話を聞いていて思ったのですが、結論から言うと優秀な学生ヘッドハンティングサービスみたいなのがあったらいいんじゃないかと思います。てかそうゆうのって実はあったりするんですかね?あったら教えて下さいw世間知らず失礼しましたw

今の採用事情で無駄が発生している部分

こちらが僕がざっくり解釈している現在の就活事情の図です。まず、この図が違ったらもうダメなんでw,ごめんなさいorz とりあえずこの図は、企業と学生それぞれの需要と供給みたいなのを矢印で表してみました。 要は何が言いたいのかというと、超人気企業と超優秀学生は、もうそこだけで就活をさせてしまえばいいんだと思います。超人気大手企業って、話を聞いてる限り基本的に超優秀学生しかとらなくて、で、そういったところに内定をとった超勝ち組ハイパー学生の話を聞いていると、やっぱり超人気大手企業から大量に内定をもらっているし、一応受けたのかもしれない普通の企業には受かっても絶対いかねーよwみたいな印象を受けました。 就活って受ける人はなんか50社とか受けるようですが、多分どうせそのいくつかは超人気企業で手の届かない企業かもしれないし、企業からしてもそんな人に受けられてもES読む時間が無駄になってしまいます。
あと、滑り止めな感覚で超優秀ハイパー学生が普通の企業を受けるのもすごく迷惑です。内定はぽんぽんとってくけど、結局はいらないって、そのぶん落とされた人とかその労力を払った企業とか、もう無駄だらけで大変!

優秀学生ヘッドハントサービスをやる企業に期待すること

で、だから超優秀ハイパー学生をもう特別探して声をかけていくサービスがあればいいとおもうのですが、またそこに全部の企業がお金を出して採用情報を掲載できてしまっては意味はありません。 そこに参加できる企業も制限するのがポイントです。てか、最近みる就職形サービスってとにかくみんな登録出来る感じがあれだし、登録数こそが成果指標みたいになってるけど、 そうじゃなくて逆に”制限”をウリにするサービスがあっていいと思うんです。 5大商社とかみんなあこがれ勝ち組企業はそこに無料ではいれるけど、名も無きベンチャーはめちゃくちゃ高額をはらわなきゃいけない。 みたいな感じにして、で、多分優秀学生なんて ちょっと学生イベントに顔出してウワサを聞いたりすれば結構楽勝なんじゃねーの?って思う。あとはそうゆう会社があれば、みんなtwitterとかでもヘッドハンティングされようと必死に自分の成果をアピールするようになったりしないのかなー? まぁそんな感じで、勝ち組就活生と人気企業はもうそこだけでやらせちゃえばいいんだと思います。 もちろんそうでない学生に全く機会がないってわけじゃなくて、学生生活頑張ればいいんかと。 てか、就職したあとなんて平等とかぬるいこといってられない世界なんですよね? 就職も別にコネ採用とかどうどうとやっていいとおもうんだよなー・・・   で、逆にヘッドハントされなかったかわいそうな学生はもう超人気企業はうけられない!から普通の企業でがんばってさっさと内定を決めて、結局落ちるとこのESを書いてた時間で自己成長にでも使えばいいじゃないですか。

ちょっとだらだらとかいてしまいましたがそんな感じです。ポイントは”制限のある就活系サービス”を作ってくれ!的な。別に就活生をdisるつもりは全く無いしほんとみんな頑張っててすげーなーって思うけど、全体的に就活はどうも無駄なエネルギー消費がおおすぎるような気がします。 だれかなんかもっと革新的なものを作ってくれることに期待★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です