最近のいくつかの気付き-2012/4/17

気付きって書くとなんかちょっと真面目っぽいけど、今回も前に書いた3年ぶりくらいにまじめに授業に出たみたいにとてつもなくどうでもいいないようなのでご注意を。。
そうなんだけど、さっそく最近思うこと第一号(今日は短編集?みたいな感じでいろんなことをつらつら書く予定)を言うと、海外行ってる時だけブログ書いて日本に戻ってきて書かない人はちょっと考えなおしたほうがいいと思う。日本にだっていろんな価値観はあるし、あと”夏休みは楽しみたい!”みたいに言ってる人とか”学生の間にしかできないことを楽しもう!”みたいに”楽しみは期間限定”みたいな言い方してる人は少し日々の生活の中に無理にでも発見とか驚きを見つける努力をすべきだと思う。
僕も最近仲良くさせてもらった人に似たようなことを言われてちょっと気をつけ始めてみたけど、とりあえず楽しい。ブログのネタなんて無限に浮かんできてエバーノートのブログネタノートは今大変なことになってたりする。 この調子で毎日を驚きとか発見とかで満たせたらQOLマジ高そう。ということで、以下、ネタ帳にあることを幾つかご紹介。 全部じゃないのは、なんか頭の中でまとまってないものは後でしっかり書きたい的な感じです。

学校・授業編

前に書いたこと以外にもまだ実はいくつかあるのでご紹介。

ムーアの法則はある種もう崩れている

知ってる人は知ってると思いますが、現在インテルが発売しているプロセッサーは旧来とは違う発展形態を遂げたものです。ムーアの法則という、”毎年性能は倍良くなっていく”みたいなのに従い、インテルはずっと無事にプロセッサー内のトランジスタ?の量を増やし続けどんどん高性能にしていったのですが、ある時小さくなりすぎて、量子力学的な問題にあたりました。 トンネル効果といい、量子力学の世界では物質は平気で壁をすり抜け、制御不可能なものになってしまうのですが、まさにその状態になってしまったのです。 で、まず言いたいことの一つ目が、”もう量子力学はほんと身近なところに影響を及ぼしてるのが確認されている”こと。 物質が確率として存在する とかわけわかめなことばっか言う学問ですが、そうならしいです。 
そしてもうひとつ。 インテルはその物理学的限界にさしあたり、だったらプロセッサーを2つにすりゃいいじゃん★ということで性能を倍良くするというムーアの法則に追いつきました。やりゃできんじゃん。 とかそういうことではなく、インテルも多分他の企業も、 できる!って確信のあるゴールを目指しているのではなくて、目指しているからその方法がでてくる。 当たり前のことのようで忘れがちなことなので、しっかり脳みそに刻んでおきたいです。

制御

僕の学科は制御に関する授業が多いのですが、制御って金属の抵抗力が操作できるから成り立つ とのこと。はーなるほど。ってだけですが。 後もう一つ、制御とはなんぞや みたいなのも書きたいけど図とか数式とかがめんどいから割愛。 金融工学とかにもすこし当てはまることというか、当てはめ用によってはすべてのことに応用できる概念を知った気がする。ちなみに聞けばすごくアタリマエのこと。

僕らは学費を何に払っているか

最近twitterで、大学の授業は学費分の価値がない みたいなtweetでどやってる人を数名見たのですが、まぁ確かにそのとおりなのかもしれないけど、要は教授の価値というか、僕らの学費は授業のためだけに払ってるってわけじゃないってことですよね。 最近ようやくわかってきた気がするのですが、もし仮に僕が物理を独学で勉強しようとして大量の書籍を手に入れても、どの順序で何を勉強すると何ができるようになるのか一人では全くわかりません。何が言いたいのかというと、ある分野をかなりの域まで高めた教授にしかできないのは、その勉強の道筋を示すことで、何が必要で、何がそこまで大事じゃないのかをしっかりわかってることだと思います。それならその希少価値の高さであの額がつくのもわかる。 SFCとかはちょっと違うようだけど、イノベーションを突き詰めた人たちが、たぶんあのカオスな感じのほうがイノベーションが起きるという結論のもとやってるわけでたぶんその結論の価値は結構な額なのではないかと。 だから教授をdisるんだったら、授業内容よりカリキュラムだと思う。

教授の挑戦に関する話

僕がこの前すごくわくわくした教授の話。 山本君という教授は、今光の最小単位?、光子を制御する研究をしているそうです。 すげーって思いました。 それに情報とか載せられるようになったら。 光を自由自在に操ったゲームとか芸術とか。 わかんないけどわかんなすぎてわくわくする。

生活編

続いて、生活編です。くだらなすぎてどうしようもない・・・

食器洗いの罠

食器洗いをしていて気づいたのですが、食器って内側だけじゃなくて外側もしっかり洗ったほうがいいです。重ねるときに外側と内側がくっつくので。 最近それを発見して愕然としました。それいらいしっかり外側も洗ってます。

今後の自己管理の方針

ちょっと新しい生活にあたふたしてしまい最近うまく生活リズムが保てていなかったのですが、 朝7時起床、~8時半までフリータイム、午前9時~午後9時を授業、勉強、プログラミング、 午後9時~就寝 までを英語をやりつつフリー でいくといいかんじで一日が終わります。 朝ぼーっと音楽聞きながらコーヒーを飲む時間が今すごく楽しい。 あと読書とかもそんときしたりとか。

1日千円ルール

お金の使い方も未だに下手なぼくなのですが、一日千円ルールを作ってみました。 節約の目標で、一日の消費の合計額が1000円を超えたらその日はダメな日としてカウント。 まぁそれだけなのですが、とにかくイイ悪いの境界線を1000円で判断して毎日無駄を減らす努力をしようと思います。1000円超えなかった日は、超えない限りは何買ってもよし。または貯金する。 超えた日は、なにが無駄だったかをしっかり考える。 それだけ。

哲学編

残り、なんかよくわからないので哲学編としましたが、ひとつしか無いです。

人の評価について

最近いろんな人に、”人は人の見たい部分しか見ない” みたいなことを偉そうに言っているのですが、その確信を強めるような事が頻繁に起こってこの前はついつい怒りのあまり超愚痴記事を書きかけて消しました。うん、成長した。 僕自身がすごくそうなんだけど、人の評価って、
この人はこうゆう人だからイイ、ヤダ ってよりも、まず感覚的にイイ悪いがあってその後に根拠を探しているような気がしてならない。好きな人ができたらその人のいいとこしか見えなくなるし、というか見なくなるし、最初から嫌な人は僕はひたすら嫌なところばかり見続けるし、いいとこを見ようとしてもなんか長続きしない。 なんというか、人間関係そんな論理的に行くもんじゃないと思う。 この人はこうゆう人だ!って決める前にまず自分が感覚でポジティブな感覚をもってるかネガティブな感覚を持ってるか、変えられなくても把握はしておきたいと思った。

なんかくだらないことをつらつら書いてしまった・・・ ちょっと眠い。 これは明日の朝後悔するぱたーんだ・・・とか言いつつ公開する。 いかがでしたでしょうか。読んで下さった皆さんはありがとうございます。感想等、なんでも反応をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です