apple-2391_960_720

約1週間のファスティングを試したら4kg痩せた話と、実践時の注意点

普段仕事関係でもお世話になっている、「みきじろう整体」院長の頼さんのススメで、実は2018年年明け早々の1/5~1/15の11日間、ファスティングなるものに挑戦しました。

ファスティングとは?

ファスティング=断食。ファスティングとは古くから医療、健康を目的として行われてきました。医療の国ドイツでは「断食で治らない病気は医者でも治せない」ということわざもあります。

参照元:【究極の田中式ファスティングの効果】専門家の断食メガネ田中が説明

 

ファスティングの目的と結果

目的は2つで、

・ダイエット
・仕事のパフォーマンスを高める

ということでした。
メインは後者で、集中力が高まる、という点が良いなーと思っていました。

結果としては、タイトルの通り4kgの減量に成功し、ファスティング後1週間くらいは体が浮くように軽く感じました。
軽く感じた、というのは体重が軽くなったということより、なんか全体的に体調が良くなった、という感じです。肌がつやつやしてました。

4kgって凄いの?って感じですが、結構凄いと思っています。

確か1kg痩せるために必要な消費カロリーが7~8000kcalで、成人男性の1日の基礎代謝が2000-2500kcalくらいと記憶していたため、前後6日間は1000kcalの消費、絶食期間は2000kcalの消費と計算すると、16,000kcalの消費となり、それだけでは2kgくらいしか痩せられないはずなのです。

こう考えると、不思議なものですね。

詳細は本当なのか未だに理解できていないので省きますが、食事の摂取をやめて2~3日が経過すると、体が非常事態モードみたいなテンションで、脂肪をバンバン消費し始めて、痩せるペースが高まるとか高まらないとか。

まぁとにかく単純計算以上の成果が得られたはずだし、すごいなーと考えています。

 

ファスティング期間11日の内訳

また、11日間のファスティング、と言っても、11日間本当に何も食べないわけではありません。

最初の2日:肉など固形物を除いた、消化のしやすい食べ物
中間の5日:酵素ドリンクを中心とした飲料、塩のみを摂取(ほんの少し梅干し食べました)
最後の4日:おかゆなどの消化に優しい食べ物を中心に、通常の食事に戻す

という感じで、本当に殆ど何も食べないのは5日間だけです。ただし、前後6日間もかなり食事の量を減らすので、「ファスティング期間」として色々我慢する集中力は11日間必要になります。

 

今回は、専門家のアドバイスを貰いながら挑戦

実は以前も2日半のプチファスティングに挑戦したことがあったのですが、事前、事後のケアなどを怠ったため、若干体調を崩したくらいで殆ど結果を出すことはできていませんでした。

そこで、今回は以前の反省を活かし、しっかり幾ばくかのお金を支払った上で、ラインで食べ物について細かく指示を受けながら11日間を過ごしました。
 

実際のやり取りです
実際のやり取りです

 

11日間の詳細をご紹介

気になる詳細(?)ですが、食事、気分、その他、で表にすると、以下の用に推移しました。

日付 食事 気分 解説
1/5
(準備食1日目)
肉・魚を抜いた普通のご飯。夜は豆腐とかキムチ、納豆 希望に満ち溢れている状態 最初はなんだかワクワクして頑張れるのが、この手の取組の常ですね。
1/6
(準備食2日目)
とろろ蕎麦、フルーツ、漬物とか 既に強めの空腹 明日から食べれないという悲しさと恐怖が何より強かったです
1/7
(絶食1日目)
酵素ドリンク 眠気・寒気が現れ始める 空腹に悶始めるかと思っていたら、全くそんなことはありませんでした。それより、今まで感じたことのない眠気と寒気に襲われました。
1/8
(絶食2日目)
酵素ドリンク 眠気・寒気がより一層激しくなる 寝れば治ると思った眠気ですが、更に激しくなり結局殆ど何もできず1日が終わりました。このまま死ぬんじゃないかとか本気で悩み始めるレベルで、本気でやめようか真剣に検討しました。
1/9
(絶食3日目)
酵素ドリンク 突然エネルギーに満ち溢れる 眠気が続くようだったら本当にやめるつもりだったのですが、3日目であらびっくり。突然エネルギーに満ち溢れ始めました。テンションもあがりました。相変わらず空腹もあまり感じませんでした。
1/10
(準備食4日目)
酵素ドリンク 相変わらず元気 少し空腹を感じ始めました。しかし、それ以上に元気で、強いて言うならランチアポイントメントが辛かったくらいです。(注文必須だったので、注文した上で同席者に全部食べてもらいましたw)
1/11
(絶食5日目)
酵素ドリンク 相変わらず元気。空腹感が増加 何より「明日から食べれる」という希望にワクワクしていました。久しぶりに感じる空腹感に新鮮さすら覚えていました。あと、肌がめちゃくちゃつやつやしてました。
1/12
(回復食1日目)
おかゆ、フルーツ等 普通(相変わらず元気) 事前のお話だと、このタイミングでトイレに2時間引きこもることになる、と聞いて早起きしたりしていたのですが、そんなことありませんでした。不思議です。普通に少しだけご飯を食べて、元気に1日をすごしました。
1/13
(回復食2日目)
肉・魚などの固形物を除いた食事 普通(相変わらず元気) この辺はもうなんか慣れてしまって、とくになにもなく通常通りすごしましたw
1/14
(回復食3日目)
肉・魚などの固形物を除いた食事 普通(相変わらず元気) この辺はもうなんか慣れてしまって、とくになにもなく通常通りすごしましたw(コピー&ペースト)
1/15
(回復食4日目)
肉・魚などの固形物を除いた食事 普通(相変わらず元気) 最後までやりきった達成感がなにより気持ちいい、という有りがちな感想ですが、まぁ最後までやれたのは誇らしかったです。しっかり痩せたし満足でしたね。

 

空腹は案外大丈夫

何度か表に書きましたが、思った以上に空腹は感じませんでした。全然大丈夫。
「耐えられる気がしないー」という方結構いますが、他のファスティングチャレンジャーの話を聞いても、結構皆口をそろえて「空腹は大丈夫」と言っています。

強いて言うなら最初の1~2日くらいかもしれないですね。それ以外は全然大丈夫です。あと体調崩して食欲どころではなくなったのもあります。

 

ビジネスマンの場合は特に、「好転反応」なる症状に細心の注意が必要

空腹なんかより遥かに危険だな、と思ったのが、「好転反応」と呼ばれる体調の崩れです。
これ、名前がポジティブなので余計危ないのですが、僕の場合は眠気と寒気で、2日間ほぼ何もできませんでした。(簡単なPCの作業すら辛かったです)

人によっては激しい頭痛に襲われることもあるらしく、とくに、準備食の後の、絶食期間の最初の1~2日は、休日で最初から何もできないつもりでいたほうがいいでしょう。

「ファスティングは仕事中でもできる」みたいな言説を何処かで見ましたが、38度の熱より全然きつかったので、本当に要注意だと思います(多分人によります)

できれば、ファスティング合宿所とかに行くのがよいのではないかなーと思いました。

 

4半期に1回やろうと思いました

そんなこんなで大変なこともあったファスティングですが、求めた結果は得られたなーという印象です。
今は食欲は戻りましたが、それでもファスティング終了後体重は+1kg未満に抑えています。

健康にも良いそうだし、好転反応への対処もわかってきたし(多分次回はもっと軽いはず)、4半期に1回くらい、続けていきたいなーと思いました!

 

 

最後にPRですが、
もしやってみたいなーという方がいたら、みきじろう整体さんにお繋ぎしますので、高橋までご連絡下さい〜(直接連絡してしまっても大丈夫です!)

みきじろう整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です