24歳になりました。

3日ほど前の9月20日に、無事に24回目の誕生日を迎える事が出来ました。
23歳であった1年も変わらず心身ともに健康な状態で過ごせたこと、また何より自分の選んだ道で挑戦させてもらえていることに深く感謝しています。よく関わっている方々も、そうでない方々もいつも本当に有難うございます。

誕生日ポストなので、”どう生きる?”みたいなテーマのお話をしてみます。

僕は、”何を正解として、何をダメとするか”は、生きていく上でとても大事だと思っています。
例えば、何かしら大きいことを成し遂げた人を「凄い」と言ってそれを”正解”であると捉えることは誰にでもできますが、逆にどれが「ダメ」なのか考えられていないと、目標の達成に大して貢献しないことに時間を使ってしまいそうです。

現存の偉人の僕のイメージの中では、イーロン・マスクとメタップス佐藤さんが僕にとってのある種の目標で、この人達は「世の中をこう変えたい(こうあるべき)、だからこうする」みたいなロジックで動いています(のはず)。その結果世界一の起業家、と呼ばれたり、イーロン・マスクには、”スティーブ・ジョブズ以上”みたいな噂もあるくらいになっています。

ちょっと違いが説明しにくいですが、孫さんみたいに企業としてナンバーワンになる、とか、ジョブズみたいに最高のプロダクトを作る、とかじゃなくて、「世の中をこうしたい。そのために、企業も、経営も、プロダクトも利用できるものは全部使う」みたいな感じです。

今でも覚えていますが、僕は小学生の時は「アフリカに木を植える」と言っていました。それは、僕のイメージする「世の中はこうあるべき」みたいなイメージと、テレビに見せられたかわいそうなアフリカの図が、あまりに乖離していて、その乖離をなくすための手段で知っていたのが”木を植える”だったからです。

大学受験で物理学科を選んだのは、「宇宙の仕組みをすべて解明すれば、世の中のありとあらゆる問題は全部解決するはず」と考えたからです。小学生の時より少し世界が広くなって、アフリカだけでない様々な「理想との乖離」を一挙に可決するには世の中の法則を完全につかむしかないと思ったからです。

大学生になり、更に物事を知るようになりました。宇宙の仕組みを全て解明するには僕の一生を掛けるだけでは全然時間は足りないようでした。とりあえずノリでマレーシアにボランティアに行ってみましたが、何も解決できませんでした。しかし、そのボランティアの場で「Facebook」は確実に様々な問題を解決しているように見えました。そこで始めて、「企業」と「経済」も同様に理想の世の中を実現するための良い手段であると知りました。

「あるべき世の中」は僕の中でイメージはあるものの、今はまだなかなか言葉にはできません。でも、様々な興味があってコロコロやることが変わってしまう僕の中で、かなり長い間変わっていない何かとは、”描いた世の中を実現するためになんかしようとする姿勢”だと思っています。サービスを考えるときも絶対にまずは「これを実現すれば世の中がこうなる」みたいなのをイメージしながらやっています。

現状はココに書いている死ぬほど意識の高い文章を自分で読むのすら恥ずかしいくらい何もできていません。苦戦するのは想定の範囲内でしたが、ここまで自分の成長が遅いことには、正直自分でもびっくりしています。あと、ふわふわしたことばかりを考えて地に足付かないのとかも、いい加減にしないとダメなのはわかっているのに、未だに迷走を繰り返す始末です。

ただ、最近はそういった自分へのコンプレックスのせいか、逆に目の前のことばかりに意識がいってしまっていたので、誕生日を迎えた良い機会にもう少し長いスパンでの目標を振り返ってみました。

僕の人生の指針において、正解としているのはイーロン・マスクやメタップスの佐藤さんのような人(のイメージ)、”ダメ”としているのは孫さんやスティーブ・ジョブズ(のイメージ)です。

こういう偉そうなことは、きっと本当はもっと上手く行ってから書くべきことなのだと思いますが、上手く行ってから偉そうなことを言うのは何かずるい気もしてしまうので、今この不相応な時に晒しておきます。相変わらずまとまらない文章のご一読ありがとうございました。

手段を熟知する

僕に思い付く”最高の移動手段を提供するサービス”は「好きな場所へいつでもどこでも一瞬でテレポーテーションできるサービス」です。ところが、ココ最近で”良い移動手段”として評価されているサービスは、Teslaの電気自動車だったり、Uberだったり、もしくはイーロン・マスクのハイパーループ構想、等々、どれを取ってみても僕のアイディアには到底かないません。楽勝です。どうやら僕は世界一のアイディアマンなのかもしれないです。

実は「最高のアイディア」を思い付くのはとても簡単です。それを一気に難しくするのは、”但し長くとも数年以内に実現できること”という条件をつけた時です。普通、アイディアを考える時は同時に「本当にできるかどうか」「それが本当に必要かどうか」等様々なことをどうしても同時に考えてしまいます。「アイディアをブレスト」するときも、暗黙の了解のようにそういった条件が含まれているからこそ「最高のアイディア」を出すのはとても難しくなってしまいます。

「アイディアより実行力が大事」。
いわゆる”スタートアップ界隈”に属している人ならほぼ全員がこの言葉を聞いたことがあると思います。僕もこれは確かにその通りだと思います。しかし、これは見方を変えれば「より良いアイディアのなかで自分に実行可能なものを選ぶことが大事」とも考えられます。この言葉の難しいところは、”アイディアと実行力は完全に別物”ではなく、”実行力の高い人ほど実行可能な良いアイディアを出す能力が高い”というような、「”実行力の高さ”と”アイディアの質”の関連性」にあるようです。

最高のアイディアを出すためにはその実行の手段を熟知している必要があります。
”熟知”とは、「あのサービスができてるということは、これもできるだろ」みたいな推測ではなく、実際にやってみないとわからない深いところまで理解できていることを指します。UI1つをとっても、ありとあらゆる条件全てを鑑みて構成されるため、実際にやる前に全てを予想することはほぼ不可能に等しいです。

ベテランやシリアルアントレプレナーがより良いアイディアを出す傾向にあるのは、まぐれではありません。経験豊富なため、アイディアを実行するための手段を知っているし、手段を知っているから「より良いのアイディアの中で実現可能なもの」を判断する術を持っています。

なかなか良いアイディア、ヒットするアイディアが出せず苦労する人を数多く見ますが、大事なのは兎に角やり続けること、それによって「手段を熟知する」ことだと思います。それによって、その人達のアイディア(考え)の質も向上していくはずです。

※もう一つ熟知しなければならないものとして「マーケット」も考えましたが、自分を対象にした事業を考えると既にマーケットは熟知していることになります。それでもなかなかヒットサービスが作れないのはなんでだろう?と考えた結果、この記事のような結論に至りました。