”昔からの付き合い”も大事にしなきゃいけないたった1つの理由

ざっくり言うと、自分が事故った時とか、”未来の出会い”に期待できなくなる日が来る可能性は否定出来ないからです。

あまり関係ないことですが、今回の題名のような「あからさまに良い事」、「批判されにくいこと」を他人に言うのは本当に嫌いです。これは僕の性格が悪いだけかもしれないけど、100%に近いくらい自分が満足できている状態でない限りは自己中心的に物事を主張すべきで、明らか正しい自己犠牲的なことをするときは、それ相応に自分にメリットがあることでなければ、他者に大声で主張してはいけないと思っています。

自分の性格が未熟なのは上記の信念があるから、というわけではもちろんなくて単純に我慢ができなかったり、幼稚だからなのですが、だとしてもすごく頑張って自分をその辺を変えよう!とまでは思えないのは、上記の理由に依るものです。良い事をするのはいくらでもすればいいけど、表立って主張するのは自分が満足できていない限り何か嘘っぽく聞こえてしまいます。”尊い”とか”素晴らしい”とか明らかにポジティブなワードを連呼する人は僕の中でつまらない人としてカウントしています。

何か余計なことを書いてしまった気がするけど、全人口の0.3%くらいは同意していただけるのではないかと信じております。

本題なのですが、僕はどうしても昔から(1年以上前とかのレベル)の人間関係を大事にすることが苦手で、今興味があって所属している組織での人間関係はまだ頑張れるけど、全く関係なくなったとたんなんか興味がなくなって自然と疎遠になっていきます。ほんとカス・・・。でもそれでも別に大して悪いと思っていなくて、それは新しい興味の先で自然と新しい関係が構築されていくからです。しかもたいていソッチのほうが面白いひとがいっぱいで面白かったりする。

と本気で思っていたのですが、最近死ぬほどお世話になっている人がこんな事を言っていました。

今まで生きてきた間に出会った人しか、これからの将来も出会えないと思い込むと、世の中や人に対して、すごくやさしくなれるし、大切に思うようになる。
絶対に悪い事とか、不義理とか、できなくなる。

不義理だらけな自分には痛い言葉です。まぁただこの時点では「いやこれからも色んな人に出会うっしょ★」って思っていました。ただ、そうでないパターンが今日1つ見つかりました。自分が大事故に合った時や最悪命を落とした場合です。

ちょうど知り合いからの紹介で生命保険の営業の方と話したのですが、死んでも家族に300万円の迷惑を掛けて、高度ショウガイになった場合は一生色んな人にお世話になりながら生きていくことになります。その時ってこれからの出会いには殆ど期待できなくて、自分のスキルとか武器もどうにもならないし、今までどのくらい周囲のヒトに感謝されていたかがモロに試されることになります。

生命保険に入って、「いざとなった時に周りに迷惑をかけないように」って言葉は綺麗だけど、それ以前にいざとなったときに周りに助けてもらえない生き方をしてくる方が結構まずくて、死んだとしても葬式にヒトがあまりこなかったら両親や家族はお金よりそっちに悲しむかもしれないし、高度ショウガイになったときに厄介なのはお金以上にいろいろあります。

生命保険への加入は結局しないことにしましたが、今まで全く考えたことのない事を考える良い機会となりました。今を楽しむことに必死過ぎてリスク管理を怠っていたことはすごく反省。もちろん人間関係を大事にすることを”リスク管理”と呼ぶのは違うけど、すごく曖昧で哲学的だったり,”当然だろ?( ・´ー・`)”みたいな議論しか起こらない分野で、具体的でわかりやすい”人間関係を大事にすべき理由”が見つかった気がしたので書いてみました。

情報として価値があるもの

インターネットを使用したサービスを運営していく上で、価値がある情報と、そうでない情報はしっかり意識する必要があると考えています。インターネットでの情報の価値の順位は、
1.実際のオンライン上での活動の記録。
2.写真
3.その他
で(わかりにくい・・・)、それ以外は対して意味は多分ないです。活動の記録、というのは、例えばこのブログで言えば、このブログの内容ではなく、”このブログを高橋が書いた活動”が残ることが何よりの情報であるということです。(まだわかりにくい・・・)

「情報の価値」に関して難しいのは、顧客視点で”見たい/見たくない”だけで考えると何か上手くいかないパターンが多いところで、例えばできれば渋谷もディズニーランドみたいに夢の世界だったらいいけど、渋谷に夢の世界があるよ!みたいなことをどんなディズニーファンに見せた所で、情報の価値としては皆無なわけです。その時点でジャンルとしてはインターネットサービス、というより”ゲーム”のようなものに入ると考えられます。

LineやFBメッセージに搭載されている”既読”機能、skypeにもある”typing a message”(?)機能も、顧客からしたら一見どうでもよさそうだったり不快な気さえしますが、”オンライン上での活動の記録”という観点ではそれも拾いやすく伝えやすい情報の1つで、今ではどのメッセージサービスでも当たり前に搭載されています。

情報の扱いに関しては”モノ”と同様にそれいる?いらない?だけで考えてしまうとわかりにくい点が多く、mixiの足あとに関しても嫌だったけど結果としては必要だった、みたいな展開を見ているとそれより”情報としての価値”に着目したほうが圧倒的に正しいインターネットサービスが構築できるのではないかと思います。

良く見せる努力は最後でいい

スタートアップをやろうとすると嫌でも投資家や他者への事業プレゼンは避けられません。
1ヶ月ほど前に本当に企画だけの段階でプレゼンをしようとしたところ、資料の作成に丸2日かかり、結局プレゼン自体全く良い物ができませんでした。もちろん結果もダメでした。

そもそも今回のケースでは、プレゼン作成に2日もかかった理由と、実際のモノがとてもショボかった原因は僕のプレゼンテーション能力云々ではなく、プランの甘さや情報の不足にあると考えるべきでした。
いくら飾ろうにも飾る内容がないし、口からでるなんかキラキラしたワードに特に信ぴょう性も何もありません。スティーブ・ジョブズのプレゼンは確かにすごいけど、それ以前にiphoneは圧倒的に良い物だし、ジョブズへの信頼や過去の実績があるからこそ、あのプレゼンを聞いた時に感動が生まれるのだと思われます。

また、スタートアップに限らず仕事って基本的にムゲンにあります。その中で、最も重要なものを選ぶ際に、少なくともスタートアップにおいては”魅せる”ことは優先されるべきではないと思います。それ以上に商品価値を高めたり、市場を知ることに時間を傾けないと、どっちにしろ後々の伸びしろが育ちません。

良く見せるための努力は、本当にそうしなければならないタイミングまで引き伸ばすか、後はプレゼンに自信が持てなければそれは「見せるものがない」と判断して撤退すべきです。まずは自信を持って見せれるものを作るなり、データを集めるなりをしたほうが良いと思われます。相当な馬鹿でない限り、自分のプレゼンに説得力があるものかないものかは自分でも判断できるはず。ついつい自分で自分を誤魔化したくなってしまうけど、すなおにつまらないものには”つまらない”と言ってまずは面白い、イケてるものを作る努力をしましょう。

良いカフェの条件

良いカフェとは言ってもいろいろありますが、僕が指す”良さ”は、
・作業場所として一人で集中して使える。
・目上の人や知り合ったばかりの女の子を誘える。
の2つを同時に満たすカフェが”良いカフェ”です。友達と使うのは正直どこでもいいので考えてません。

上記を満たすカフェとなるための条件は以下のとおりです。

  • トイレがいつでも綺麗。(大手チェーンのカフェは基本アウト)
  • 十分な席数/広さが確保されている。(大手チェーンのカフェは基本アウト)
  • アイスコーヒーは高くて350円。食事は高くて1500円。
  • 地下じゃない。(重要)
  • 電源を使えるテーブルが用意されている。

これらの点を行く前にチェックしていけば、ほぼ失敗はしません。

UIの考え方

UIの考え方ってweb制作に慣れていない人からするとかなり難しい問題のうちの1つで、毎日日付が変わることにUIを変えたくなるような経験をした人も少なからずいるのではないでしょうか?

最近であればFlat UIって実際どうなの?みたいな議論が起きたりもしているのですが、UIに関してはトレンドそのものが云々、というより、なぜそのトレンドが生まれたか、というところに着目するのが良いと思います。

例えば、今Flat UIが騒がれている背景としては、間違いなくインターネットにアクセスするためのデバイスが増加したことにあって、一つ一つに対応するのではなく、1つで全てに横断的に対応できる必要に迫られているからであると考えられます。

ブランド的な観点や、開発コスト的な観点からしても、いちいち各デバイスに特化するようなことをしていると、いつまでも生まれ続ける新しいデバイスには永遠に対応しきれないですよね。

Flat UIを自分たちのサービスに適用するかどうかも含めて、実際にUIを考えるときには、何を基準にすればいいのか若干不安だったのですが、btraxさんのコチラの記事を参考にざっくりまとめて見ました。

  • 読み込み時間の問題
  • 多様な画面サイズの問題
  • タッチ操作のしやすさの問題
  • 対象とする層のネットリテラシーの問題
  • ブランド統一の問題
  • コンテンツとのフィット感の問題(?)

最後のは自分でもよくわからないので?にしました。実際の運用フェーズではUIにもKPIをしっかり設定して計測できるようにしていきたいところ。

1052 Column ‘id’ in where clause is ambiguous

cakePHPでのDBの扱いでまたくだらないことで躓いたのでメモ。

Modelのアソシエーション? belongsToとかでModelの連結をしていると、findメソッドで片方のidを指定していたつもりが、belongsToをした両方のテーブルのどちらを指しているかわからない、という状況になってしまいます。

1052 Column ‘id’ in where clause is ambiguous

こんな感じのエラーが出ると思われます。

解決方法は簡単で、

$this->Model->find(“first”,array(
“conditions”=>array(
“id”=>$id
)));
としていたのを
$this->Model->find(“first”,array(
“conditions”=>array(
“Model.id”=>$id
)));
とするだけです。わかりにくいかもですが、Model名をカラム名とともに指定するだけです。

フレームワークはホントくだらんとこで引っかかる・・・。

images (6)

アイディアを人に言えない時は考え抜いてない証拠

アイディアって思いついた瞬間は「うおおおおおおおお!!!これは!!!絶対!!!!行ける!!!!!」となるものの、日が経つごとに「あれ?なんか違わね??」ってなります。実際、大抵のことはやってみると大したアイディアでもなく途中で辞めるか、そのまま潔く失敗するのではないでしょうか。

この”思いつきのアイディア”の精度を高められることはすごく大事で、基本的に失敗するから、といって思考を止めるわけではなく、実際に実行に移す過程で成功に近づけたり、人のアイディアを評価する場合であれば何かしら良いアドバイスや判断基準を提供出来れば良いわけです。

その判断基準の1つで、「アイディアを人に言えない現象」に関して、以前の記事でこれは何かが悪い証だ、と書きました。
ただし、その一方でじゃぁ言った瞬間周りに同意してもらえるのが想像できるようなアイディアって、既に誰かがやってるようなことだよね。ともすごく思うわけです。更に人に同意を得ることばかり想像してる時点でなんかおかしいし、すぐ周りに同意してもらえるアイディアとかなんかつまんないですよね。

で、じゃぁこの「人にアイディアが言えない」ことに対する違和感ってどっから生まれんのかな?と考えていたのですが、少なくとも今の僕においてはそのアイディアを人に話したときに、何かしらの欠点や突っ込みどころを自らスルーしてるからではないかと思われます。まだまだ全然検討するべきポイントがあるのに、それを無視して前に進もうとしているとこうなるような気がします。

その考えられていない要因が、自分の怠惰なのか、それとも情報不足なのか、判断が難しい所ではありますが、とにかく選択と集中。1000人の超アクティブユーザーを集めることに関係ある限りは”考え抜くこと”もしっかり進めて行きたいと思います。

意識を集中させる

常に自分の好奇心に従っているのは重要だと思う一方で、あっちこっちにいちいち意識を分散させてるとどの好奇心も満たせないという現象が起きたりします。自分のブログを振り返ると市場・デザインに向いていた意識が気付けば政治とかにもなってたりして少し良くないなと思いました。

今やるべきことはとにかく最初の1000人のユーザーを集めることで、後はもっと完全に忘れるくらい捨てたいところ。ついつい先が不安になって余計なことに手を出したりしてしまうのだけど、今はそうしちゃいけないってのは必要以上に自分に言い聞かせないと無意識のうちに違うことを始めるから怖い。今のKPIは最初の1000人のユーザーの動きのみです。

”余計なことをしない”は何においても重要で、それは早寝早起きで+αの時間を作ったり、休憩の時間を削って頑張ったりするのはそれが出来た上での考えだと思われます。

最近戦いの相手がひたすら自分で大変。