さっそく実践!

人の言うことを聞かない僕でも「これは実践しよう!!」と思いました。

たまたま本屋で気になって手にとったのですが、さくっと読めるし、内容も納得な上に汎用性も高そうなのですごくオススメです。特に高橋の身近の方はご存知かもしれませんが、「伝える」ことは最も苦手な分野のうちの1つなので、とにかく素直にここで学んだことを実践して行こうと思いました。

以下、特に印象に残った部分の切り取りです

「嫌いなこと回避」と「選択の自由」
何かをお願いする時に、相手の立場に立って考えよう、というのは言われてみればまぁ納得です。(それだけでも実践するのは難しいけど・・・)本書には、「相手のどんな立場を考えるか」という点にも触れている点がよかったです。相手の好きなことや、”貴方だけ感”を出すのはなんか聞いたことあるし、実践したこともあるような気がします。個人的に新しい発見だったのは、「相手の嫌なことを回避させる」「選択させる」でした。

・これをやらないと、こんな嫌なことが起きる。
といったり、デートしよう!と言う代わりに、
・〜〜のお店と、〜〜のお店、どっちがいい?
と言うと、デートに誘える率があがるらしいです。(笑)

「ギャップ効果」
”印象に残る言葉”みたいな章でも様々なテクニックが挙げられていたのですが、一番使いやすそうだな−と思ったのがこれでした。
ステップとしては、
①伝えたいことをしっかり決める
・この本に書いてあることを実践しよう!
②それと反対の言葉を考える。
・実践⇔やらない(言うことを聞かない)
③それを文章としてつなげる。
・人の言うことを聞かない僕でも「これは実践しよう!!」と思いました。

・・・・・・(^ω^)ペロペロ

もし今まで「伝わってない」だけで、本当は手に入ったものを失っていたとしたら、上記の事を実践するだけで、それが手に入るなんてこと、あるかもしれません。

※早速読んで得た知識をそのまま使ってみましたw この文章がいつもの高橋の文章より良くなった、と感じたら本当にこの本が”良い本”であるってことだと思います。(笑)誰もがスルーする広告リンク、あなただけはとりあえずクリックすると明日良い事ありますよ!