世界は分断されているというお話

以前有名なブロガーのちきりんさんという方のブログで、世界は分断されているという記事を読んだことがあったのですが、最近これを感じることがすごく多いです。まぁだから何ってわけでもないですけど、最近の僕の勉強の結果、”組織はできるだけ多様性を担保したほうがいい”、”多様な価値観を受け止められないとミスる”みたいなのが定説になってきているので、多様性ある集団を作ろうと思った時にどんな人を入れればいいのか、そんなのを考える材料になるかなーと思います。
それでは以下、最近タカハシが感じた分断された社会一覧です。

群馬と東京(二三区+横浜)

これはもう本当に異世界です。東京出身の人は、日本から海外に行った感覚と同じだと思ってくれればいいです。アクセスできる情報も環境も何もかもが違います。もう少しいうと、群馬と東京の富裕層かもしれませんが、私立の中高一貫校に行くのが普通とか信じられないし、きっとスポーツやるにしたって受けられる教育が違うはず(お金があれば)。ほんと転がってる機会も情報も人も何もかもが違います。田舎の常識と都会の常識にも大きく乖離があるようなきがしました。 田舎は基本的に社会的な弱者の割合が高く、地域ごとにお互いを守り合う姿勢がつよいですが、都会は競争が前提な資本主義的社会やら常識がしっかり成り立っているように感じます。

横浜と川崎

僕は一応住んでいる場所が横浜で、すこし歩いて川を超えると川崎になるのですが、ここも川を境界線にして、結構異なる文化圏が存在します。日吉で見るのは若奥様だけど、川崎でみるのは威勢のいいおばさん ッテ感じ。あと日吉にヤンキーはあまりみないけど、川を渡るといっぱいいる。あと川崎の百円ローソンの客層も明らかに日吉の等級にいる人とは違う。まぁ当たり前かもだけど。とりあえずなんか川崎に行くと全体的にキラキラ感がなくなる。

KO生とFラン大学生(失礼な表現ごめんなさい)

少し生意気な表現をしてしまっていますが、就活に対する態度とか、社会に対する姿勢全般、あとなんかもう違いすぎてビビってるのが最近。前者の焦りと後者の焦りはたぶんいろいろ違うし、会話も絶対咬み合わないと思う。

大学教授とそれ以外

大学教授はホント異世界のいきものなきがします。今日も授業の時に教授が友達について話していたけど、その教授のお友達の父親はハイゼンベルグのガチな親友だったり、湯川教授とか日本の原子物理みたいなのの代表格みたいな人達とも仲よかったり、かつ息子はオーケストラの指揮者。とか。 なんかいろいろ違いすぎてやばい。お前ら畑の芋とかどうせほったことねーんだろって思ってる。 そんな人がえらそうに社会の常識とかを授業の初めに語り始めたりして結構むかつく。間違いなくあれは万人に通じるものではなくて一部の恵まれたアカデミックな世界に生きることを許された人たちだけに通じるものだと思いますよ。先生。

別荘を持っている家庭な皆様とそれ以外

なんか最近別荘を持ってる人が周りに多い。あと少し気づいたけど、そうゆうもうなんか典型的なお金持ちの人たちってお金持ちネットワークみたいなのがあって、そこでなんかわりと社会ができてるんじゃないかって思ってる。あまりわからないからわからないけど、そんな気がする。別荘とかアニメの話だと思ってたw

文系学生と理系学生

これも違う。いろいろ違いすぎて戸惑ってるのが最近。ずっと前者の常識の中でいきてきてしまったせいでなんかほんと苦労しているというか、多分理系の教授となかなか馬が合わないのはこのへんが原因だと思ってる。 前者はできるだけ無駄を省いて生きるのが賢いけど、後者はそうでもなくて、無駄なことも実践して無駄であることを論理的に説明できなきゃいけないから、無駄も大事。って最近思った。僕は何事も極力面倒臭がるからダメ。

アイセックとそれ以外

アイセックってもちろん国籍の多様性は抜群なんだけど、マインドとかって世界中でしっかり統一できたりやっぱり各国の富裕層が集まるだんたいなせいで、じつは結構い文化ってほどでもない。むしろアイセックやってる人とそれ以外の壁のほうが多分でかい。この三年間で海外行くのは当たり前になったし、海外の人となんらかのやりとりするのも普通になった。 英語ディスカッションのクラスとかで実感したけど、大半はそうではない。未だに海外行くだけでもすごいって言われてびびる。

ネットユーザーとそれ以外

これも違う。結構ちがう。日常的にtwitterを見ないような人とは結構ほんとうに会話が噛み合わなくて最近苦労する。気をつけないと。

以上。他にもどんなものがあるでしょうか。ぜひぜひコメントとかに書いてくれると嬉しいです。少し酔ってます。

将来の野望と今の欠陥 2012/5/13

ようやくMacbookAirたんの開発環境もそろいphpとjavaを書きつつ勉強してパワポ作って。。。って生活をするはずだったのですが、なんかまぁ案の定どれも中途半端になってしまいました。てか最近完全にブログが日記になってる。すんません。なんか今寝なきゃって思いながらもふと思ったことをつらつら書きたくなったので書いてきます。

将来の野望

これだけは忘れちゃいけない。あー完全にこの深夜のテンションは朝後悔するパターンだ。。けど、とりあえず箇条書き

  • 自分の墓をロケットに乗せて宇宙に飛ばして死んだ後も旅する
  • 自分の名前がついた製品か理論を構成にのこす
  • 世界中の10億人以上というかできるだけ世界中の全員くらいの人で地球全体で祭りする
  • タレント議員やる
  • お笑い芸人といっしょにコントに出る

この中二病感まっくすなかんじがたまんねーぜ。ちなみに3番目のやつが今一番やりたい。というか最近偉そうに社会がうんたらみたいなこと言ってるけど、大半はその3つめの目標を実現するためにみたいな文脈で言ってたりする。だから自殺するひとがいる社会はやだし、もっと資源が多くあって欲しいし、もっといろいろ効率的であってほしい。 あーこの深夜のテンションやばい。。

自分の欠陥

まぁそんなのあげりゃきりがないんですが、なんかひとことでスパっと言えるものないかなって思ってたけど、わかった。 自己管理能力だ。 ということで、とりあえずこの1週間自己管理をがんばろう!って思ったさなか、寝ずにブログを書いてる自分を殴りたい。

あーぼくは何をしているんだ((o(´∀`)o))

大学は学生に投資してみるとかいかがでしょうか? -2012/5/11

さてさて新学期も始まり一ヶ月が立ちました。で、僕の所属する学科はホント先生たちがエネルギーに満ち溢れていて魅力的な人ばかりで、制度もこの学科だけ違ったり、テストがやけに多くて毎日勉強時間が半端なかったり、なんて生活をおくるはめになってしまったのですが、そんな生活が始まってみて思ったことがあるのでつらつらと書いていきます。

頑張るには時間をお金で買う必要がある

やっぱ私立理系なだけのことはあり学費も年間150万円。。あと、理系の学生を見ていて思うのですが、なぜか文系より地方出身のいわゆる普通の人が多いきがします。そのせいかよくわからないけど、バイトがっつりやってる人もいっぱいいたりします。 僕もまさにその普通の人(かそれ以下?)な家庭に属する人間なのかと思われるのですが、地方出身で一人暮らししながらだと、とにかく頑張るのにお金がかかります。 勉強に集中するには外でご飯を済ませたほうがいいし、栄養バランスにまで気をくばるとそれなりに高い値段のものを食べなければいけません。 ほかにも細かいところで時間を買うための費用が発生します。 たぶんですが、大半の人はバイトの金がそこに飛んでいるのではないでしょうか。 あとはまぁ遊びとかか。でも頑張るにはそれなりに短時間での質の高い遊びをする必要があると思います。 でも、とにかくバイトって疲れるし非効率でやだ!

自分の専門分野で働くのが一番お金はもうけられるはず

大学生にとって一般的に割のいい仕事は多分家庭教師だと思います。それは受験勉強というある種の僕らの専門分野だからお金がいっぱいはいると言ってもいいと思います。 時給2000円なら2000円分の社会的価値のある専門性ということになります。 で、こんな毎日難解な勉強をしている理系学生はもう4年とかになれば相当な知識があるはずだしそれなりにその知識を生かした何かができるんだと思います。 たとえば専門的なことを一般人にもわかるように翻訳した記事を書きまくるとか。。。 そうした仕事をするのが一番社会にとっても価値がありそうだし、つまりそれは高い給料が流れこむことにもなります。 また、勉強分野を社会に活用することで、実際に自分たちの学問を産業にしていくための応用力も身につけられます。 

だから大学は学生に投資して起業させればいい

起業といっても簡単なことでいいはずです。 初期費用だけ学生に渡して、あとはそれぞれに自分の専門分野を生かした仕事をしつつ学問に励んでもらう。 上記のような記事執筆だったら大したコストでもないはず。 もちろんうまくいかないひとも出てくると思うけど、こんな学生起業が騒がれている昨今、誰かしら大当たりして全体分の初期投資くらい回収できるような気がします。 あと、自分たちが教育した生徒に投資できない大学ってどうゆうこと?? ともちょっと思います。

本当に思いつきのアイディアですが、こうゆうのがSFCとかちょっと変わったキャンパスだけでなく全体にあっていいと思うんです。商学部だったら日吉の商店街に経営コンサルをするみたいなビジネスだってできるかもしれないし、実務から学ぶべきことも多いはず。
話をまとめさせていただくと、大学が学生に起業のための投資をすれば、

 

  • 学問に関係のない時間を大幅にけずれる(バイトの時間、あと時間を金で買える)
  • 勉強したことを社会に応用させる勉強もできる
  • 誰かが大当たりすれば、大学も儲かる

ッテ感じです。こうゆう好き勝手なこと考えるのすごく楽しい。

最近Bossa Novaが来てる

さいきんタカハシの中でボサノバというジャンルのおんがくが大流行であります。今も寝れずにのんびり音楽をきくとゆー優雅な生活。・・・・・明日というか今日あと5時間もたたずに授業だけど。それだけです。いちおう上の2つは、上のやつがディズニーで、下のやつが良い感じの洋楽が詰まった感じです。ディズニーってアニメも音楽もほんとセンスというか才能というか、天性のものがないと作れないだろーなーと思わされるのが多くてすごい。

ディズニーのやつの曲リスト

1. Beauty and The Beast~「美女と野獣」(佐藤正美/フェビアン・レザ・パネ/早川哲也/西尾純之介) 試聴する
2. 君はともだち~「トイ・ストーリー」(原田芳宏/小畑和彦/ジョゼ・ルイズ・マイヤ/石川 智) 試聴する
3. 愛を感じて~「ライオン・キング」(Acousphere) 試聴する
4. カラー・オブ・ザ・ウィンド~「ポカホンタス」(Los Cuatro Locos/前田優子/川嶋フトシ) 試聴する
5. 誰かが待っている~「ビアンカの大冒険」(佐藤正美/フェビアン・レザ・パネ/佐藤秀也/早川哲也/西尾純之介) 試聴する
6. 夢はひそかに~「シンデレラ」(原田芳宏) 試聴する
7. いつか王子様が~「白雪姫」(佐藤正美) 試聴する
8. イッツ・ア・スモール・ワールド(原田芳宏/石川 智) 試聴する
9. アンダー・ザ・シー~「リトル・マーメイド」(フランシス・シルヴァ/Pecker/川嶋フトシ) 試聴する
10. アイル・トライ~「ピーター・パン2」(本多俊之/本田雅人/南 佳孝/Pecker) 試聴する
11. 右から2番目の星~「ピーター・パン」(佐藤正美/中川昌三) 試聴する
12. ジッパ・ディー・ドゥー・ダー~「南部の唄」(南佳孝/Pecker) 試聴する
13. 星に願いを~「ピノキオ」(佐藤正美/渡辺香津美) 試聴する
14. リフレクション~「ムーラン」(Nude Voice/瀬木貴将/南 佳孝/Pecker) 試聴する
15. イッツ・ノット・イージー~「ピートとドラゴン」(原田芳宏/小畑和彦/石川 智) 試聴する
16. 魔法を信じるかい?~「ピーター・パン2」(Acousphere/Pecker) 試聴する
17. ホール・ニュー・ワールド~「アラジン」(佐藤正美/フェビアン・レザ・パネ/佐藤秀也/早川哲也/西尾純之介) 試聴する
18. Bibbidi Bobbidi Boo~「シンデレラ」(ビビディバビディ・オールスターズ) 試聴する

※視聴する というのはamazonからコピペしたらついてきただけです。

洋楽のやつの曲リスト

1. If I Ain’t Got You(original by Alicia Keys) / A.I.P.
2. Feel Like Makin’ Love(original by Roberta Flack) / Naturally
3. I Can’t Give You Anything (original by The Stylistics) / Naturally
4. You Can’t Hurry Love(original by The Supremes) / Naturally
5. Sunday Morning(original by Maroon 5) / A.I.P.
6. Top Of The World(original by Carpenters) / A.I.P.
7. Breakout(original by Swing Out Sister) / A.I.P.
8. Viva La Viva(original by Coldplay) / Naturally
9. Whatever (original by Oasis) / A.I.P.
10. Never Can Say Goodbye(original by Jackson 5) / A.I.P.
11. Heartbeat(original by Tahiti 80) / A.I.P.
12. Heal The World / A.I.P.
13. Tears In Heaven(original by Eric Clapton) / A.I.P.
14. Got To Be Real(original by Cheryl Lynn) / A.I.P.
15. Sukiyaki(original by Kyu Sakamoto) / Naturally

 

計画をたてるときのto doの整理方法 -2012/5/6

最近組織での活動というよりは完全に個人勝負な事が多く、何をどこまでやるか、ほとんどのことを自分で決めなければならなくなりました。思えば高校時代僕は「文武両道」に関してパーフェクトなレベルで出来ていたような気もするのですがあれは高校が大量に宿題を出してくれたり、部活の時間が様々な制約のもとで決められてたからだと思います。組織に所属していた頃も、ある程度は周囲にあわせて前に進まなければ何もできないため、活動には様々な制約がありました。その一方で今の生活は学問は掘り下げれば無限に続くし、プログラミングもやればやるほど新しいものが見えてきて止まらなくなる。ダイエットもやろうと思えばいくらでも頑張れる。その他、読書もブログも料理も、行ってることのほとんどが大した制約も受けずに取り組める状態にあることに気づきました。

そんな生活もそろそろ1ヶ月がたち、毎日なかなかペースが掴めずまたこのGWも割りと無駄にすごしてしまった感が強いのですが、そんななかでも少しずつ”制約が少ない中での自己管理”の術を見につけつつあるように思ったのでご紹介します。特に、”to doをどうやって分類するか”です。

to doを整理するときの4つくらいの分類

僕が最近始めたのは以下の分類です

  1. 好きで、やんなくてもいいこと。
  2. 好きで、やらなきゃいけないこと
  3. 嫌いで、やんなくてもいいこと
  4. 嫌いで、やんなきゃいけないこと

それぞれ例えば、1だったらスポーツとか、ゲームとか、読書とか、facebookとかあとブログもここです。ある種一番実行が楽だし、まぁこんなこと考えるまでもなくできることです。 2は、今の僕だったらプログラミングです。これは1にも該当しそうなのですが、今は2として捉えています。 3は、筋トレとかダイエットです。やんなくてもいいし、嫌いだけど、でもやったほうがいいなーって思ってること。実は結構ある気がします。あと大学の授業の予習とか。あと微妙に僕は英語の勉強もここに入ります。4はまぁ大学の課題です。実験レポートとか。

まず、3は捨てる

3は捨てました。なんとゆーか嫌なことだし、ぶっちゃけやらなくても今困らないことは、ほんとやっても非効率だしだらだらしてしまいます。効率が悪いので捨てましょう。英語は必要になれば伸びると信じるか、あとは授業でとりまくったのでそこでどうにかしようと思います。あと今年一年留学生の友達いっぱい作りたい。

1は休憩として使う

1のことは、やんなくてもいいことなので、仮に何か目標等があったときにそれらは無駄な時間になります。でも好きな事なのでやりたいのは間違いない。ということで、休憩時間としてカウントします。だからブログ頑張って書いたからといってそのあとさらに20分くらいのんびりしてから課題をやろう!とかではなくて、このブログは休憩だから、これが終わったらすぐ次のことにとりかかろう!といった感じです。

2と4は同じ日にやらない

例えばプログラミングと学校の課題があったときに、「今日の何時まではプログラミングをやって、何時からは課題をやろう」みたいなパターンは絶対どっかで計画が狂います。やらなきゃいけないことは時間での制限が難しい(できるまでやんなきゃいけない)ので、もう一日をそれに費やす日 にしてしまって、あとは休憩な事項をはさみつつ進めていくのがいいと思います。どちらを先にやるとか決めるのも不毛です。どっちにしろどちらもやらなければいけないので。 とにかくこういったやらなきゃいけないことは、大きめの時間をきめてそのなかで頑張るようにしたほうがいいでしょう。 ゆうせ順位はしいて言うなら締め切り順だと思います。

おまけ。生活のルーティーン化と時間区切りの計画は基本ムダだと思う。

たとえば、毎朝この時間は英語やる!とか、上記の”3”の事項はそういったプログラムの組まれ方をされやすいような気がするのですが、基本続きません。時間の使い方はその時々柔軟に設定できるようにしておいたほうがよくて、大事なのはその時々の判断軸をしっかり構築しておくことだと思います。遊んではいけない時間だったらブログはやってはいけないし、課題提出が迫っていたらそれをやるしといった感じでしょうか。

以上です。GWラスト一日がんばります!

最近のwebサービス見てて思ったこと

今日はがっつり勉強しようと思っていたけど気づいたらほぼなんもしてないとゆー。なかなかオワッてる。スカイプしたり昼寝したりまぁちょっとアイセックのことやったけど、それくらいで終わったthe 廃人 day。まぁたまにはこうゆう日もあっていいと思うってことにしとく。最近ブログの最初の雑談が愚痴っぽくなることが多いですね。ごめんなさい。

ということで件名の通りなんですが、この前採用(?)していただくことが決定したプログラムで作るサービスを考えていて、最近流行るwebサービスの特徴に関して少し気づいたことがあるので書いていきます。書いてみて思ったけどまたまた当たり前のこと書きすぎててビビった。

  • 普段やってることがそのままオンラインになって効率が良くなった系サービス
  • webというより、コンピューターに計算させることによって可能になった系サービス
  • 普段やってないけど、やれていたらもっと良かったことがやれるようになった系サービス

この3つです。一番下のやつは今までそんなものね~やって思ってたけど、Lineを見てあるなって思いました。

普段やってることがそのままオンラインになって効率が良くなった系サービス

この典型例はfacebookだと思ってます。facebookはなんというか僕らが普段やってることをほんとにそのままオンラインに移すことに成功したサービスだと思っています。Ajaxという割と最近はやり始めた技術を駆使することで、チャットとかコメントとかを普段の会話通りのスピードでストレスなく行うことを実現したり、写真のタグとかで、「あれちょーおもしろかったよねー」みたいな会話もよりスムーズに行えるようになりました。多分なんですが、facebookログイン昨日とかAPIを使うサービスは、この”普段やってること”をwebにしたようなサービスであるのがいいのかと思います。他にも、twitterとか、最近のほとんどのはやりのサービスはここに該当すると思います。

webというより、コンピューターに計算させることによって可能になった系サービス

Gunosyはこれだと思ってます。もちろんメールで届けてくれる機能とかもいいのですが、それより「twitter等の発言を自動で分析→興味があるはずの記事を算出」このプロセスがすごいです。多分人間の頭でやるより効率がいいです。 人間の頭だと他の情報(絵とかデザインとか)に騙されて、なかなか内容だけで判断することはできないような気がします。他にもgoogle検索、kloutあたりでしょうか。他にもあったような気がします。 

普段やってないけど、やれていたらもっと良かったことがやれるようになった系サービス

これは、正直無いと思ってました。ただ、Lineのスタンプを見ていて思ったのですが、あれは言語以外のコミュニケーションのほうが実はスムーズだったり思ったことを伝えやすかったりするけど、今まで人間の手とかじゃむずかしくてできなかったのが、うまくコンピューターとwebの力によってできるようになったもの。だと思いました。 あーこうゆうのあるんだなーと。 これから市場を広げていくようなサービスはここにあるような気がします。 今まではwebが仲介業から市場を奪っていたみたいな見方もできなくはないけど、これは多分いままではなかったハズの市場に手を広げているのですごいです。 絵とかって今までは一部の人にしか刺さらないものだったけど、これからは本格的にコミュニケーションツールとなって強いて言うなら言語の代替品となっていくのかなーと。 他にもこうゆうのは探していきたい。 ARとかkinectとかはすごい可能性を感じる。

以上です。なんかまじめにつらつらとかいてしまってつまらない・・・ けど、まぁみなさんどう思いますか?いつもしつこいですが、どうせあとで”みたよー★”とか言ってくれるならコメントしろy(ry いつも読んでくださってありがとうございます。