自分の頭で考えてはいけない

最近、「自分の頭で考えてはいけない」と何度も自分に言い聞かせるようにしています。

今更になって以下の2つのことを強く感じるようになりました。

1つは、ビジネスはどうあがいても”競争”であるということです。(ゼロトゥワンで語られる”独占”は、競争で圧勝した結果の”独占”しろという意味かと思います。)
人の欲求は大枠で見ればだいたい決まっている以上、人の欲求に対して提供されるべきサービスには「正解」のようなものがあり、正解があるということは皆それに向かって競争せざるを得ないのかもしれません。

そしてもう一つは、「スタート地点は皆同じではない」ということです。事業を考える際は、まず手に入る情報のなかから仮説を組み立ててだいたいのアタリを付けて動くのが普通かと思いますが、特に以前から存在していたような業界では、ほとんど同じような仮説をどこかの誰かが試して成功なり失敗していることが圧倒的に多いです。ゼロから組み立てた仮説で、「既に知っている」人たちに挑むのがどんなに絶望的な状況か、冷静になって考えると恐ろしい物があります。

勿論、新しいことをやるならすべて最初は誰でも”仮説”から始まりますが、それにしても正解に近い事実を知っている人の考える”仮説”の精度のレベルまで行くのはかなり難しいでしょう。もし学生起業とかで「ほぼゼロ」みたいな状況からスタートするのであれば、その状況でどんなに考えたところで、そこから導き出される仮説のレベルはたかが知れています。

ただし、ここで言いたいのは、”完全に考えるな”ということではありません。なにより、僕自身考えに考えた上でこの結論に至っているので「完全に考えるな」というのは矛盾しています。というか考えないとかそれはそれで無理です。

逆にどんなに情報や経験が多くても、自分で考える能力のない人にはそれを咀嚼して現実を理解することは永遠にできないでしょう。「考えるための材料」が十分にある状態であれば、大事なのは「しっかり考えること」だと思うし、そういった状況で考える能力は学校や就活でも十分に訓練されているように思います。

問題は、なにもしないで「考えるための材料が十分に揃う」状況になることなんて殆どない、ということです。
困ったときについつい頭を使って問題を解決してしまおうとしてしまいますが、同時に考えるための材料集めも積極的に行わなければいけません。しかも、どこまで集めれば十分なのかも自分で判断しながら、実際は”7割集まれば良い方”みたいな中で判断せざるを得なくなることが大半なように思います。

「考える」ことはとても重要だと思いますが、同時にその思考の檻に閉じこもらずに、実際に何かを試したり、詳しい人に話を聞くことをしなければ、いくら考えてもその力が発揮されることはないでしょう。そんな何もないほぼゼロの状態でできることは、”出来る限り新しい産業で試行錯誤を進める”とか、”一旦その業界に身を置く”とかそんな感じでしょうか。

いずれにせよ、「知る」「経験する」ということをもっと大事にしていきたいです。

問題は明らかになるまで解決しない2

こちらの続きです。

物事の準備に関して、「しないに越したことはない」みたいな書き方をしましたが、よく考えるとそうでもないなと思いました。

例えば、起業するならとりあえずなんかコード書けなきゃだめだろうと始めたphpは、確かに掲示板ライクなものを作るくらいなら良いけど、解析とかクローリングとかをやるのは若干やりにくさがあったりします。

でも、それが必要だとわかるのは後になってからで、”とりあえずなんか勉強しよう!”だとどうしても学習コストの低いものを選んでしまいます。

それ自体は間違っていないように見えてしまいますが、問題はただ”学習コストが低い”だけで選んだphpが得意になってしまった後です。

その後は、まずほぼ間違いなく何をやるにも”PHPでできるか?”が念頭に来ます。モバイルサービスも、アプリではなくwebで作ってしまいます。なぜならそれのほうが簡単で、せっかく使えるスキルがあるならそれを使いたくなってしまうからです。

冷静に考えればネイティブで作らないと意味ないものも、まぁなんとかなるだろ!みたいな感じでphpにしてしまったりします。

”サンクコスト”なんて言葉もありますが、一度苦労して手に入れた何かを捨てるのはとても大変です。良かれと思って先に準備した何かが、その後の判断において”余計なもの”になることは往々にしてあるような気がします。

無思考な”準備”は害悪にすらなる可能性がある、というお話でした。

問題は明らかになるまで解決しない

普通に生活していると、予め準備しておくことは重要だと教えられることが多いです。
高校3年次の受験勉強に備えて進学校では高校1年から真面目に勉強をするし、会社では今後起こりうる問題に対して新人研修で予め対策を施してくれます。

ところが、会社をはじめてからこれまで、予め対策をしてそれが活きたようなことは殆どなかったように思います。

起業する前、一応最低限のスキルとして、プログラミングを学びました。確かに無駄ではありませんでしたが、作るスキルがあったとして、作るべきビジネスに対しての考えの甘さがそれ以前に露呈して苦労しました。
ベンチャーでインターンもしました。ところが自分で始めた会社で、インターンでの体験を活かすような場面にはなかなか出会いませんでした。

もちろん完全に無駄だったわけではないですが、もし仮に今後成功したとして、それらが主な成功要因になるかといえば、絶対そんなことはないと思います。

そしてもう一つ、そもそも問題に直面しないこと、問題を起こさないことは、一見とても優れたことのように見えます。しかし、もしそれらが事前に回避できたとして、なぜその”事前の回避”ができてしまうのでしょうか?
それは事前に回避できることしかやってないだけで、それはどこかの誰かが残してくれた前例を踏んでいるだけなので、今度はスタートアップとして成功する確率はかなり低くなるでしょう。
確かに真似は大事だけど、それは「完全にコピーしろ」ということではなくて、いくつかを組み合わせたり、少しオリジナリティを加えたりとかだと思います。
真似を組み合わせることは、他の誰かがやっていないことをやることだし、そうすれば絶対予期せぬ問題に直面します。

そもそも、問題は明らかになってしまえばあとは解決するだけです。難しいのは、そこまで辿り着くことです。
目標に向かって進むのは、問題を作ることと同義なように思います。

問題は事前に回避するのではなく、できることを積み重ねて問題に直面することこそがベンチャーにとっての”前進”なのかもしれません。