ブログを書くメリット

ブログの使い方はみんなそれぞれでいいのですが、僕もかれこれ4年位不定期に更新してきてやっててよかったと思うことが多いのでご紹介します。

ブログをやっててよかったと思うのはざっくりまとめてしまうと、
・自分を客観視できること
だと思います。

書いたことをあとから見て「ああこんなことこの時考えてたんだな〜」というのもありますが、例えばブログを書く頻度が減っているときに、その原因を分析することで自分にどんな変化が起きているか考察することができます。

例えば、ここ数日「毎日更新しよう!」と思っていたのですが、さっそく昨日更新できず、なんで昨日かけなかったのかなーと考えると、
・仕事が進んでいなくて思考が進歩していない
・本を読んでいないから思考が進歩しない
といったようなことが考えられます。

他にも、あまりにもブログに書いたことが本来やるべきことから遠のいた時に、自分が変な方向に進んでいることとか、そういったことを後から見て確認することができます。

以上がざっくり感じたメリットですが、後他には、
・自己紹介ツールになる
・応援してくれる人が増える
とかがあります。

特に僕はリアルでの対面コミュニケーションが苦手なので、自分が普段何を考えているのか、どういう人間なのかは変に会話するよりこっちのが良いような気がします。

ちなみに今このネタを書いているのも仕事が全然進歩していないからかと思います。頑張ります

集中力を高めるためにやってるいくつか。 -2012/6/20

最近集中力を意図的に操作するのが昔よりできるようになってきたかなーと思われるので、試していることをいくつかご紹介します。集中の段階を 始める期→継続期→終了期 に分けて説明します!

気合と根性と全エネルギーをもって”はじめる”。

これは実感がある人も多いかもしれません。とにかくはじめるのがすごく重要だし、少なくとも僕のムダな時間の大半ははじめにだらだらして遅くなってしまうことに起因します。他では根性はいりません。とにかく最初に自分の全エネルギーを傾けましょう。

具体的なゴール設定

とにかく今何を達成したら終わりなのかを口に出して言えるレベルで具体的にします。これはよく言われてるかもしれないですが、これができていないとそもそもなんかうまく始められません。

ゴールに関係ない動作をしなくていい環境づくり

これもすごく大事です。参考書はあらかじめ周りにおいとく、携帯は隠す、時計を見える場所においておく等々、例えば問題集を解く とかだったらそれ以外はできる限り低コストでできるようにしておきます。調べ物とかも勉強中だったら絶対あるので、PCは常備しておくことをおすすめします。図書館で探すとか非効率でしかたありません。ググるor友達に聞く がベストかと。

SNSは捨てろ!!

ただ、PCは便利ですが、SNSは絶対に見ないようにしたほうがいいです。見ると一気に集中力が切れます。 最近の僕の仮説なのですが、見た目が派手な人(外見を気にする人)と成績の悪さにごくわずかですが相関性があるような気がするのは、多分他人のことを考えるときの脳の容量の消費は結構大きいということだと思います。だからSNSもかなり脳の集中をそっちに向かわせてしまうのでよくありません。僕は勉強するときはかならずブラウザでfacebook等にアクセスできないように設定しています。

後でやること リストを作成する

あと、作業中に、別のやることをふと思い出してそっちをやりたくなる。なんてこともよくあると思います。これが今回一番おすすめしたいことなのですが、ポストイットやPCのto doリストにあとでやることリストを作ってそこに書き込みます。 それだけでなんかやった気になれるので、とりあえず集中が切れるのを防げます。

集中が切れた のを自覚する

これも大事で、集中が切れた!!!! ってのをしっかり把握しましょう。そうでないとだらだら気づいたら漫画読んでるとか、よくない展開に陥ります。 素直に集中が途切れたのを自覚します。

音楽で気分転換

で、例えば音楽を聞きながら勉強していた場合は、集中が切れたのを自覚した瞬間に音楽を切ります。逆の場合は音楽をつけます。なんかよくわかんないけどそうすると再会がスムーズな気がしています。

終了時間を決めるかやることが終わったらやめるか

あと夜とか特に悩むのですが、これは次の日の予定とかで決めるのが基本かと思います。が、もしそれが自由な場合には、時間で区切らずやることが終わるまでねばりましょう。 もしだらだらしてしまって時間までに終わらず、時間だからとその次の何かに移ったところで次のやつでもだらだらしてしまいます。

人と勉強 も意外といいことある

あと、これは組み合わせにもよるのですが、お互いに見張り合う という意味では勉強会も効果的に作用することがあります。おしゃべりしちゃいそうなメンバーとか切迫感がない人とは一緒にできないとおもいますが、ほんとに留年しそうな人同士が集まるのはいいかもしれません。

最近Bossa Novaが来てる

さいきんタカハシの中でボサノバというジャンルのおんがくが大流行であります。今も寝れずにのんびり音楽をきくとゆー優雅な生活。・・・・・明日というか今日あと5時間もたたずに授業だけど。それだけです。いちおう上の2つは、上のやつがディズニーで、下のやつが良い感じの洋楽が詰まった感じです。ディズニーってアニメも音楽もほんとセンスというか才能というか、天性のものがないと作れないだろーなーと思わされるのが多くてすごい。

ディズニーのやつの曲リスト

1. Beauty and The Beast~「美女と野獣」(佐藤正美/フェビアン・レザ・パネ/早川哲也/西尾純之介) 試聴する
2. 君はともだち~「トイ・ストーリー」(原田芳宏/小畑和彦/ジョゼ・ルイズ・マイヤ/石川 智) 試聴する
3. 愛を感じて~「ライオン・キング」(Acousphere) 試聴する
4. カラー・オブ・ザ・ウィンド~「ポカホンタス」(Los Cuatro Locos/前田優子/川嶋フトシ) 試聴する
5. 誰かが待っている~「ビアンカの大冒険」(佐藤正美/フェビアン・レザ・パネ/佐藤秀也/早川哲也/西尾純之介) 試聴する
6. 夢はひそかに~「シンデレラ」(原田芳宏) 試聴する
7. いつか王子様が~「白雪姫」(佐藤正美) 試聴する
8. イッツ・ア・スモール・ワールド(原田芳宏/石川 智) 試聴する
9. アンダー・ザ・シー~「リトル・マーメイド」(フランシス・シルヴァ/Pecker/川嶋フトシ) 試聴する
10. アイル・トライ~「ピーター・パン2」(本多俊之/本田雅人/南 佳孝/Pecker) 試聴する
11. 右から2番目の星~「ピーター・パン」(佐藤正美/中川昌三) 試聴する
12. ジッパ・ディー・ドゥー・ダー~「南部の唄」(南佳孝/Pecker) 試聴する
13. 星に願いを~「ピノキオ」(佐藤正美/渡辺香津美) 試聴する
14. リフレクション~「ムーラン」(Nude Voice/瀬木貴将/南 佳孝/Pecker) 試聴する
15. イッツ・ノット・イージー~「ピートとドラゴン」(原田芳宏/小畑和彦/石川 智) 試聴する
16. 魔法を信じるかい?~「ピーター・パン2」(Acousphere/Pecker) 試聴する
17. ホール・ニュー・ワールド~「アラジン」(佐藤正美/フェビアン・レザ・パネ/佐藤秀也/早川哲也/西尾純之介) 試聴する
18. Bibbidi Bobbidi Boo~「シンデレラ」(ビビディバビディ・オールスターズ) 試聴する

※視聴する というのはamazonからコピペしたらついてきただけです。

洋楽のやつの曲リスト

1. If I Ain’t Got You(original by Alicia Keys) / A.I.P.
2. Feel Like Makin’ Love(original by Roberta Flack) / Naturally
3. I Can’t Give You Anything (original by The Stylistics) / Naturally
4. You Can’t Hurry Love(original by The Supremes) / Naturally
5. Sunday Morning(original by Maroon 5) / A.I.P.
6. Top Of The World(original by Carpenters) / A.I.P.
7. Breakout(original by Swing Out Sister) / A.I.P.
8. Viva La Viva(original by Coldplay) / Naturally
9. Whatever (original by Oasis) / A.I.P.
10. Never Can Say Goodbye(original by Jackson 5) / A.I.P.
11. Heartbeat(original by Tahiti 80) / A.I.P.
12. Heal The World / A.I.P.
13. Tears In Heaven(original by Eric Clapton) / A.I.P.
14. Got To Be Real(original by Cheryl Lynn) / A.I.P.
15. Sukiyaki(original by Kyu Sakamoto) / Naturally

 

計画をたてるときのto doの整理方法 -2012/5/6

最近組織での活動というよりは完全に個人勝負な事が多く、何をどこまでやるか、ほとんどのことを自分で決めなければならなくなりました。思えば高校時代僕は「文武両道」に関してパーフェクトなレベルで出来ていたような気もするのですがあれは高校が大量に宿題を出してくれたり、部活の時間が様々な制約のもとで決められてたからだと思います。組織に所属していた頃も、ある程度は周囲にあわせて前に進まなければ何もできないため、活動には様々な制約がありました。その一方で今の生活は学問は掘り下げれば無限に続くし、プログラミングもやればやるほど新しいものが見えてきて止まらなくなる。ダイエットもやろうと思えばいくらでも頑張れる。その他、読書もブログも料理も、行ってることのほとんどが大した制約も受けずに取り組める状態にあることに気づきました。

そんな生活もそろそろ1ヶ月がたち、毎日なかなかペースが掴めずまたこのGWも割りと無駄にすごしてしまった感が強いのですが、そんななかでも少しずつ”制約が少ない中での自己管理”の術を見につけつつあるように思ったのでご紹介します。特に、”to doをどうやって分類するか”です。

to doを整理するときの4つくらいの分類

僕が最近始めたのは以下の分類です

  1. 好きで、やんなくてもいいこと。
  2. 好きで、やらなきゃいけないこと
  3. 嫌いで、やんなくてもいいこと
  4. 嫌いで、やんなきゃいけないこと

それぞれ例えば、1だったらスポーツとか、ゲームとか、読書とか、facebookとかあとブログもここです。ある種一番実行が楽だし、まぁこんなこと考えるまでもなくできることです。 2は、今の僕だったらプログラミングです。これは1にも該当しそうなのですが、今は2として捉えています。 3は、筋トレとかダイエットです。やんなくてもいいし、嫌いだけど、でもやったほうがいいなーって思ってること。実は結構ある気がします。あと大学の授業の予習とか。あと微妙に僕は英語の勉強もここに入ります。4はまぁ大学の課題です。実験レポートとか。

まず、3は捨てる

3は捨てました。なんとゆーか嫌なことだし、ぶっちゃけやらなくても今困らないことは、ほんとやっても非効率だしだらだらしてしまいます。効率が悪いので捨てましょう。英語は必要になれば伸びると信じるか、あとは授業でとりまくったのでそこでどうにかしようと思います。あと今年一年留学生の友達いっぱい作りたい。

1は休憩として使う

1のことは、やんなくてもいいことなので、仮に何か目標等があったときにそれらは無駄な時間になります。でも好きな事なのでやりたいのは間違いない。ということで、休憩時間としてカウントします。だからブログ頑張って書いたからといってそのあとさらに20分くらいのんびりしてから課題をやろう!とかではなくて、このブログは休憩だから、これが終わったらすぐ次のことにとりかかろう!といった感じです。

2と4は同じ日にやらない

例えばプログラミングと学校の課題があったときに、「今日の何時まではプログラミングをやって、何時からは課題をやろう」みたいなパターンは絶対どっかで計画が狂います。やらなきゃいけないことは時間での制限が難しい(できるまでやんなきゃいけない)ので、もう一日をそれに費やす日 にしてしまって、あとは休憩な事項をはさみつつ進めていくのがいいと思います。どちらを先にやるとか決めるのも不毛です。どっちにしろどちらもやらなければいけないので。 とにかくこういったやらなきゃいけないことは、大きめの時間をきめてそのなかで頑張るようにしたほうがいいでしょう。 ゆうせ順位はしいて言うなら締め切り順だと思います。

おまけ。生活のルーティーン化と時間区切りの計画は基本ムダだと思う。

たとえば、毎朝この時間は英語やる!とか、上記の”3”の事項はそういったプログラムの組まれ方をされやすいような気がするのですが、基本続きません。時間の使い方はその時々柔軟に設定できるようにしておいたほうがよくて、大事なのはその時々の判断軸をしっかり構築しておくことだと思います。遊んではいけない時間だったらブログはやってはいけないし、課題提出が迫っていたらそれをやるしといった感じでしょうか。

以上です。GWラスト一日がんばります!

”スタンディングワーク”のススメ!

1年間立って働いた編集者による「スタンディングデスク」の感想最近こんな記事を見つけたので、僕もちょっと実践してみました。というのも最近webをいじる作業をしていて、家でやっていたりあとwebなぶんネットにつないでブラウザを開かなければ何も前に進まないけど ちょいちょいfacebookとかtwitterを開いてしまってどうも作業がはかどらないこともあったので。あとね。男ならではの悩みとk(ry


とりあえずいい感じに集中できる!

とりあえずいい感じに集中できるのは間違いないです!w なんというかたぶんいい感じに足に負担がかかって集中がそがれるぶん、facebookとかいじるエネルギーを奪ってくれるのかと・・・ 作業はすげぇはかどります! あと、○ura○uraしなくなった(笑)


疲れるのは間違いない!w

まぁみなさんのご想像通り、めっちゃつかれますw なんというか、2時間が限界でそれ以上いくと逆に集中力が削がれていきます。 なのでいい感じに休憩をはさんだりするのがグッドかと! でもお陰で夜すごくよく眠れるようになりました!


座って作業ができなくなった・・・

で、あとあの記事にもかいてあるのですが、初めて1週間で座っての作業ができなくなりましたw なんというか落ち着かないし、あと立っているとき⇛作業、座っているとき⇛リラックス みたいなのが勝手にできてしまったよーな。。 これがいいのか悪いのかはよくわかりませんが、作業に集中できなくて困っている貴方にはおすすめかと!


おすすめ作業music!

「ブログの内容とか別になんでもいいやー」って開き直ったのが今。ということで題名の通り、おすすめの作業musicのCDを2つ紹介しちゃいま~す★


大人カフェ



なにがいいのかよくわかんないけど、高橋的な作業用音楽の条件

  • 作業中に気にならない
  • リズムがいい感じ

の2点を満たしてます。なんかこの2点の説明がないと意味のなさが尋常じゃないですねー’`,、(‘∀`) ‘`,、


題名忘れたけど、なんかジブリがピアノでジャズっぽくなってるやつ。

これもすごくいい。がけの上のポニョの音楽が、ぽ~にょぽにょぽにょにょにょにょにょにょ~(´∀`∩)↑age↑ みたいな感じになっててたまにジブリとは思えない感じになったりする。トトロが一番わかりやすい。kiki’s delivery serviceの曲は普通。でも全体的になんかいい


過去最大級に書く意味がないものになったきがするぜー

ファブリーズの真の威力に気が付いた!

今日部屋の大掃除しました!
ここ1週間くらい、営業ラッシュがおわって気が抜けたというかなんかいろいろ物思いにふけってしまうことが多く、行動もだらだらしてたし忙しいふりしてなんもしてなかったり、気づいたら部屋もゴミ部屋になっていたりと、年の終わりにここ一年間で最もダメな1週間なんじゃないかというくらい何もしない1週間をすごしてしまっていたのをこっそりここで暴露しつつさりげなくごめんなさい!反省してるから許して! アピールをしている自分の弱さを自分で肯定することで自己の精神を保っていることにこれを書きながら気づいた!

いきなりカオスなスタートを切りましたが、とりあえず掃除をしていて気付いたことがいろいろあったのでそれを紹介していこうと思います。ちなみに大掃除をしたと言っても、僕の場合の掃除はいつも マイナスの状態➡0 であって、 0➡+ ではない。 なんというか、窓はまだ全然汚いし、普段目に留まらないようなとこには相変わらず目をとめていない。 見えるとこをきれいにしたから、気分的には大掃除をした感じになっている感じ。 一度高橋家に泊まったことある人なら、割とこれでも大掃除なことに気付いてくれる気がするけど、 普通の人がみたら、結構汚いと思う。 

まぁそんな感じの掃除をしたときに気付いたことです!相変わらずくだらないことばっかでごめんなさい!

▼これが現代の日本のお掃除に関する三種の神器だ!

①クイックルワイパー(立体吸着ウェットシートと一緒に使うことで神となる)
②あのコロコロ(正しい名前はしらない)
③ファブリーズ

以下、それぞれに関する素晴らしさの説明です。
てかこのブログ英語の練習のために始めたのに趣旨がずれすぎててやばい。仕事やってねぇくせになにやってんだよお前っていろんな人に思われそうで怖いけど、ごめんなさい。

こちらがクイックルワイパーです。
立体吸着ウェットシートと使うと神になります。基本的な使い方としては、掃除機であらかた大きなゴミを吸収した後にさーっと攻めます。なんというか、それによって掃除機だけでは醸し出せない”掃除した感”が一気にでてきます。多分ゆかがテカるから。あとその割に負担が少なくて(さっと用意できるし片づけられる)、費用対効果がすごく高いです。 とにかく掃除した気になれます。多分本当に掃除にもちゃんとなってるんだと思います。

とりあえずこれの本名も”コロコロ”だったことを初めて知ったなう。
こちらは、掃除機とクイックルワイパーでとれないゴミ全般に対応していると思われます。ちなみに僕は今まで2人の外国人ホームステイを受け入れたことがあるのですが、彼らもこれには感動してました。手軽さと実際の掃除した感と本当にきれいになる感がすげかったんだと思います。実際すげぇっす。 吸うでも掃くでもなく、くっつけるという発想は湿度の高い日本ならではの発想なのではないかと思われます。 これ海外で売ったら飛び売れそうなんだけど、海外でもあんのかな???

これのすごさは、”掃除の可視化”です。とったごみの量が正確にわかる。とにかくあのコロコロが汚くなってく感じがたまりません。掃除機もダイソンの見える掃除機を使わない限りは絶対にわからない、”掃除したごみの量”を圧倒的にわかりやすくしました。

最後は、ファブリーズ。
素敵なにおいと除菌の力で、掃除の締めをしてくれます。

ちなみに僕はさっきから、”掃除した感”というのを押させてもらっているのですが、今回の掃除での気づきはそこです。

掃除した感がいかに得られるかってマジで重要

詳しくはなんでだかわからないけど、今日すごくそう思いました。多分、掃除した床を素足で歩けるかどうかって、ごみとか黴菌がどのくらい床にあるか、じゃなくて、掃除した安心感があるかないか なのかと。わかりにくいけど、無菌状態、超清潔になれるざらざらな粉 があったとしても、自分で掃除してなければなかなか触れない気がする。あー余計わかりにくくなった。とりあえず自分で掃除した安心感とかが重要ってことか。もーよくわからん。
で、ようやく題名の話になりますが、最後にファブリーズを部屋全体に吹きかけた瞬間に訪れたのは、”ああ、ぼくは部屋をきれいにしたんだぁああ☆★☆ すっきり☆★☆”といった感覚です。ファブリーズって発売された瞬間瞬く間にうれて、なんかあの手軽さとかにおいが一瞬でいい感じになるのとかがイノベーションだったのだと思うけど、僕の部屋で一番果たしている役割はとにかくなんか”掃除した感”が数十倍になるところです。

コロコロもクイックルワイパーも十分すごいけど、ファブリーズはまじですごいです。
掃除した後に締めでファブリーズを使うのがお勧めです。

ぶっちゃけ掃除なんて掃除機かけてアルコールでも撒けばいいんじゃないの とか思ってしまうのですけど、それだと”掃除した感”とか”部屋きれいになった感”が得られません。 その細かい感覚にまでアプローチしちゃう日本の掃除用具に日本人の精神のレベルの高さとか鋭さを感じました。

感覚までいきとどいたサービスを提供するP&Gの日本支社の方に感謝です。

これから気合い入れなおして終わりよければすべてよし って感じで最後しごと頑張ります。ごめんなさい。